人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2016年後半には何とか原油価格が上昇か? 最近の注目ニュース

 上昇基調が持続しなかった先週の原油相場上昇に失望している原油強気派は、年末までにより力強い長期の反発局面に入るとのアナリスト予想に安堵(あんど)するだろう。

 アナリストらは原油相場が今年末までに1バレル当たり15ドル強上昇すると見込んでいる。ブルームバーグが今年まとめたアナリスト17人の予想中央値によれば、ニューヨーク原油市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は10-12月(第4四半期)に1バレル=46ドルに達し、ロンドンICEの北海ブレント先物は同四半期に48ドルで取引される見通しだ。

 ゴールドマン・サックス・グループは、原油相場が12年ぶり安値を付ける要因となった世界的な供給過剰が、米シェールオイルの生産減少に伴い供給不足へと転じると予測する。

米エネルギー情報局(EIA)によると、米国の原油生産は2015年1-3月(第1四半期)から10-12月(第4四半期)にかけて日量62万バレル(約7%)減少する見込み。一方、米エネルギー情報局(EIA)は石油輸出国機構(OPEC)非加盟国の原油供給が今年、日量60万バレル減少すると予測する。

 原油安が世界の需要を喚起してきたことから、こうした供給減少は相場回復に道を開く可能性がある。シティグループは原油が「今年最も有望な取引」だと指摘する。シティやUBSグループ、ソシエテ・ジェネラルなどの銀行は今年後半に原油相場が上昇するとみている。

 もしこれが実現したら、多少なりとも株価も為替も落ち着くだろう。

 アメーバブログで私が公開済みのブログにご興味ある方はこちらをどうぞ。http://ameblo.jp/joyful-777/

今回は、以上になります。グローバル資産形成学院フェローのDataと小勝負からでした。

========================================

】当ブログ記事は、グローバル資産形成学院のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。

会場グローバル資産形成学院 - 虎の門セミナールーム
会場住所〒105-0001 東京都港区虎ノ門二丁目9番11号 信和ビル
地図はこちら

  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース