人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

甘利明経済再生担当相辞任を考える 最近の注目ニュース

 日本経済新聞社とテレビ東京による2016年1月22~24日の世論調査で、内閣支持率は2015年12月の前回調査から1ポイント低下し47%だった。不支持率は34%で2ポイント低下した。支持率、不支持率ともに同11月以降、横ばいが続いている。甘利明経済財政・再生相の金銭授受疑惑が明るみに出た後だったが、支持率に影響はなかった。

 安倍政権の経済政策「アベノミクス」を「評価する」は37%と、前回からほぼ横ばいで「評価しない」は42%と2ポイント低下した。地域別にみると、首都圏と関西圏の合計は「評価する」(41%)と「評価しない」(40%)が拮抗しているが、それ以外の地域は「評価しない」(43%)が「評価する」(34%)を9ポイント上回った。アベノミクスによって今後、景気が「よくなると思わない」は同様の質問をした昨年10月に比べ9ポイント低下して49%。「よくなると思う」は2ポイント上昇の27%だった。

 こうした微妙な状況下、「アベノミクスの事実上の司令塔」と言われて来た甘利明経済再生担当相が「主に秘書の献金横領事件の責任を取る」というやや曖昧な理由で閣僚辞任を発表した。

 『各省庁が個別に進めようとする「産業政策」や「景気対策」を「アベノミクス」の名のもとに曲がりなりにも整理統合して日本の景気と投資環境を整えようとして来た人物だけに、実は長期的な国内投資環境に与える影響は無視出来ないのでは』との見方が目立つ。

 それ以前に今後の日本の景気はゼロ成長に近付く可能性が高く円安も止まったようなので、株式投資などの投資先の選別はやはり「政策や為替に頼らずに自力で持続的な成長と利益を出し続けられそうな所」に注目して判断すべきかと思う。

 先週は本来、甘利氏辞任と円高を懸念したマーケットでろうばい売りが増加し、日本の株価は急落しても不思議ではなかったのだ。その直後に「日銀がマイナス金利を発表」して「ドル高円安」と「世界株高」が起こったのは、「緊急時の危機管理」としては評価できそうだが、偶然とは思えないタイミングの良さに私は「甘利氏と日銀の黒田総裁の冷静な判断」を感じた。

 詳しくは今週の「週刊先読みダイジェスト」をどうぞ。早ければ本日の夕方にはメールで会員様には届きます。

 AOIAアカデミー資料請求フォーム(個人用)のURLはこちらです。会員様は私が毎週執筆しているニュースレター「週刊先読みダイジェスト」を、ご覧になれます。日本と密接な関係がある米国と中国の最新事情については特に力を入れてご紹介中です。先週は東京都在住の方からお問い合わせがありました。https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=8&_ga=1.121682315.1477140471.1402666629

========================================

 『最近のマーケット情報や実用情報を無料で知りたい方はこちらをクリック』 続々とご登録いただいております。https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=3&_ga=1.28334652.1273857201.1394110146

 FXにご興味ある方は、こちらもどうぞ。流れに乗れれば確かに利益は出ます。http://www.aoia.co.jp/course-list#fx-work

今回は、以上になります。グローバル資産形成学院フェローのDataと小勝負からでした。

========================================

】当ブログ記事は、グローバル資産形成学院のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。

 

会場グローバル資産形成学院 - 虎の門セミナールーム
会場住所〒105-0001 東京都港区虎ノ門二丁目9番11号 信和ビル
地図はこちら

  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース