人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

あなたの資産形成を助ける【参加費無料:お金の健康】はじめて講座

高齢化社会を生き抜くには、身体だけでなく【お金の健康】を考えることが必要!

少子高齢化社会の到来・経済成長の鈍化とニュースを見ていると将来が不安になることばかりですね。どういったことに将来の不安を感じるかのアンケートを取ると、老後の不安は、お金と健康の二つがほとんど。

老後不安はお金と健康

  • 仕事
  • 親の介護
  • 自分の老後
  • 貯蓄や経済
  • 年金制度
  • ローンなどの借金
  • 家族や自分の健康

実際、リストラ・年金破綻・介護とお金の悩みはつきません。これだけあれば安心と言う基準もありませんし、分からないだけに不安は募るばかり。

お金と健康が老後の不安
例えば、老後の生活費を1カ月25万円として25年間だと7,500万円もかかります。

このように、将来不安への大きな割合を占めながら、誰にも相談できずに抱えこんでしまうのが「お金の話」。

毎日の家計・生命保険・資産運用・自分への投資と考えなければいけないことはたくさんありながら、まだ先のことだからと先送りしている方も多いのではないでしょうか?

グローバル資産形成学院では、様々なお金の話を「資産形成」「お金の健康」をキーワードに、人生を豊かに過ごすため、専門の講師が分かりやすく皆様にお伝えいたします。

ご受講いただき、お金を上手に使って人生を豊かに過ごす知恵と情報を手に入れてください。

こんな方におすすめ

●資産運用や投資を始めたい方
●お金や経済の勉強をしたい方
●NISAで株式投資を考えている方
●生命保険や家計の見直しをしたい方
●資産運用のためにお金を貯めたい方
●先読み力を身に付けたい方

お金の健康「はじめて講座」とは?

現代社会は、お金を中心に回っています。レストランでの食事・買い物時は代金としてお金を支払います。
給与として振り込まれるのもお金ですよね。

しかし、学校や会社でお金の知識を教えてくれることはありません。日本では、お金の話をするのは野暮という風潮すらあります。高度成長をしている社会だと、一生懸命働けばいずれ、報われましたが、先進国化した日本は、給与も出世も保証されていません。

ところが、一方で、お金を上手に活用することで、安心と安全を手に入れている方もいらっしゃいます。

個人金融資産は増加中! 平均年収は減少中!

下の二つのグラフをご覧ください。何のグラフだと思いますか?

1995年から2013年の18年間で29.8%の増加!

増加する金融資産

1995年から2013年の18年間で10.4%の減少!

減少する年収

上のグラフは、個人金融資産の推移。そして、下のグラフは平均年収の推移。この20年で個人金融資産は29.8%増加しましたが平均年収は10.4%減少したことを示しています。

この差が・・・・資産形成力の差!

この資産形成力の差を埋めるために必要な知識をグローバル資産形成学院は、お伝えいたします。

資産形成に必要な3つの要素

  • お金に関する専門知識
  • 資産運用の経験
  • 情報=先を読み行動できる力

学校で学べなかったお金の知識をお伝えいたします。

身につくこと

本講座では、第一に資産形成の必要性を皆様にお伝えいたします。「必要は発明の母」とう言葉があるように、まず、資産形成の手始めとして「私達の置かれている現状」を学びます。

新聞やニュースで流れる情報の真実
お金を増やす方法の基本
資産形成を行うためのロードマップ
毎月積み立てとつまみ食い投資

目標!年率3%を目標に資産運用

受講生の声

●資産運用に興味はあっても、損失を出すのが嫌で始められませんでした。ここで学んだおかげで資産形成の第一歩を踏み出すことが出来ました。

●少し余裕資金が出来たものの、大金はありません。そんな私が、資産運用を始められたのもつまみ食い投資のおかげです。

●実際に運用に携わっていたプロのお話を聞くことができました。新聞に書かれていることを鵜呑みにすることなく、将来を先読みできるように勉強を続けます

グローバル資産形成学院ならではのポイント

実際に金融機関で金融商品の販売や運用に携わっていた専門家が講師
本を読むだけでは手に入らない実践的な知識
基本から応用まで豊富な講座を用意

金融機関の内部を知り尽くしたお金と経済の専門家が勢ぞろい

銀行員や証券マンの言いなりになるな!を執筆した中田裕の講座を受けられるのは本校だけ。

銀行員や証券マンの言いなりになるな

ご興味をお持ちになった方は、

無料ガイダンス

へお申し込みください。

講座や資料請求に関するお問合わせはお気軽に

受講案内・WEBキャンパス
資料請求
お問合わせ
以下のお問合わせボタンよりお問合わせください。
どんな些細なことでも丁寧にお応えいたします。
またよくある質問にもまとめておりますのでご覧ください。