人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

世界全体や各国のGDPってどのくらい?

  • 投稿日:2015年4月25日

今日は大手銀行で働いている女性の方が来て下さいました!

「普段の仕事では自分の専門としている分野には詳しくなるけれど、世界全体の動きを考えることはないのでおもしろいですね。」と言っていただけました。

仕事でも全体が見えてくると自分はその中のどんな位置づけの作業をしているのかわかったり、今後の流れを予想して動いたりしやすいですよね。これは経済に関しても同じです。

さて、来週は、アメリカの1-3月期四半期GDP速報値の発表をひかえています。投資家にとっては注目度の高い発表でアナリストの予想と実際の数値に差があれば、為替が大きく動くこともあります。今回の予想値は1.0%でこれが基準になります。

GDPimages

1.0%・・・???

この数字っていいのか悪いのか、過去の推移や他国の状況まで知らないとどうもピンときません。

GDP授業

経済英語スクールのGDPの授業では、サブプライム危機前と後の世界各国のGDPを比較したり、2050年の先進国と新興国の経済規模の予想を見てディスカッションすることでこういった数字感も身についていきます。

グローバルな広い視野を持ち、常に全体の中で今どんな状況なのか把握して行きたいですね!

さらにそれに学んだ後で、記事を読むとイメージのしやすさがぜんぜん変わります。経済英語スクールの授業を受けて是非、この感覚を実感してみて下さい。

9a829fc705cc9a319ed84caf205a0056_s

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◇◆

5月の無料イントロクラス開催スケジュール

5月16日(土)12:30~13:30

5月30日(土)16:00~17:00

http://english-school.aoia.co.jp/course/kiso/trial.html

◇◆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~