人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

オフショア・アカデミー通信VOL12

  • 投稿日:2011年2月20日

オフショア・アカデミー通信VOL12

「火に油 アラブに油の 火柱が!?」(師匠最新作より)

2011年2月18日

 

最近は旅先での執筆が増え、2月18日満月の夜は名古屋におりました。三寒四温とはよく言ったもので、汗ばむくらいの昼間の暖かさから一転、夕方から一気に冷え込み、駅前大通から見上げた月は、寒空にきれいな光を放っておりました。

さて、中東情勢は予断を許さない状況になりつつあり、世界経済や原油価格、あるいは中国、北朝鮮への影響が心配されるところです。(弊社AOIAでは、急遽中東情勢に関する緊急セミナーを開催することになりました。詳細は後述。)カンボジアとタイでも紛争が続いており、年初懸念していたリスクシナリオが急浮上してきています。

そんな中、43年ぶりにGDP世界第2位の地位を中国に譲って3位に転落したわが国日本。吹き荒れる民主党への逆風に、春の嵐が拍車をかける感じで、解散総選挙の目も急浮上してまいりました。政局の混乱が市場に与えるインパクトは如何に!?

ところで、税制の見直しで相続税の増税が注目される一方で、長年争われてきたいわゆる「武富士」の相続問題に最高裁が画期的!?な判決を下しました。今後の相続対策を検討する上で、歴史に残る事例になることは間違いありません。大いに注目していきたいところですね!。

隠し も一緒に (?)の中」(金閣寺/銀閣寺の住職を兼ねる有馬頼底・臨済宗相国寺派管長が揮毫料2億円の申告漏れ! 絵画購入で散逸を防いだと深刻さ全く欠如、世も末也!?)(同上)

 

主な内容

  • 今年気になる海外ファンド
  • ヘッジファンド用語解説:「マネージドアカウント」
  • AOIA講演会、セミナーのご案内

 

  • 今年気になる海外ファンド

しばらくこの手の情報は控えておりましたが、今後は月1ペースでご紹介してまいります。4月1日運営開始予定の会員向けHPでは、より詳細をご覧いただけるようになる予定です。

 

○M社ファンドオブヘッジファンズ

いわゆるあのM社ではありません^^。

運用会社は英国に本籍地のある別のM社で、ロンドン証券取引所のAIM銘柄として上場。リスク管理に重点をおいたアセット・アロケーションに定評があり、現在約15億英ポンドの運用資産規模の会社です。

当ファンドはアセット・アロケーションに重点をおいた運用戦略と、オルタナティブ戦略の一つであるマネージド・フューチャーズ戦略を混合した(50%ずつ)、ファンドオブファンズです。

年間二桁のパフォーマンス目指し、15%前後のボラティリティーに抑えた運用を目指しています。

最大の特徴は、

・ファンドオブヘッジファンズでは異例のWeekly約定であり、流動性が極めて高い点

・最低投資金額がUSD 10,000 相当から可能

という点でしょう。

当ファンドは、すでに実在する以下の4本のファンドに分散投資しています。

 

安定運用型、

積極運用型、

マネージド・フューチャーズ - 低ボラティリティ、

マネージド・フューチャーズ - 高ボラティリティ

 

最初の2つは、株式、債券など伝統的資産クラスでのアクティブ運用。後の2つは、マネージド・フューチャーズファンドで、こちらは18年の実績がある、英国の商品先物を得意とした運用会社のファンドを採用しています。

この相関性の低い、二つの戦略で運用することによって、変動幅を押さえた運用を図ります。

当ファンドの運用開始は昨年11月ですが、これら4本のファンドは、いずれも10年前後の実績があるファンドです。

2002年1月1日からバックテストで行ったシミュレーション結果では、累積収益+220.14%と、世界株式指数(MSCI The World Index)の36.41%を大きくアウトパフォーム。リーマンショック後の2008年、2009年もなんとか一桁のプラス圏に踏みとどまっています。

 

年間収益率(バックテストの結果)

2002年    15.08%, 2003年    25.08%, 2004年    10.61%

2005年    33.48%, 2006年    16.10%, 2007年    11.65%

2008年     7.78%, 2009年     0.91%, 2010年    29.48%

 

ファンド設立後の月次成績(実績)

2010年11月 0.39%, 2010年12月  3.62%, 2011年 1月 -3.63%

 

その他、ファンドの概要は以下の通りです。

 

ファンドタイプ    ファンドオブファンズ

運用開始日      2010年10月31日

運用通貨       米ドル、ユーロ、英ポンド

最低投資額      USD 10,000、EUR 10,000、STG 5,000

解約手数料      最初5年間5%

約定頻度        週次

マネジメントフィー  1.75%

成功報酬       20% (ハイ・ウォーターマーク方式)

 

要注目です。

 

2.ヘッジファンド用語解説:「マネージドアカウント」

ヘッジファンドで生じる不祥事の大多数は、オペレーショナルリスク(事務処理、執行リスク)に起因すると言われています一般的には、直接ヘッジファンドに投資せず、ファンドオブヘッジファンド(FOHF)と呼ばれるヘッジファンド投資を専門とするファンドに投資することでリスク回避をするのが主な方法でしょう。ヘッジファンド投資の専門家のファンド選定能力を信じて、オペレーショナルリスクの高いファンドを回避するわけです。しかし、FOHFへの投資は実害を分散化させる効果はあっても、オペレーショナルリスクそのものを根本からなくす手段にはなりません。そこで2000年以降、フランス系銀行を中心として、ファンドのガバナンス機能とリスク管理を強化することで、オペレーショナルリスクを回避する新たなスキームが登場しました。その一例が、

「マネージドアカウント」です。

  • ネージドアカウント管理会社内に、投資家名義の分別口座を設定、投資家が選んだヘッジファンドマネージャ-がこの口座で運用を行う。
  • 管理会社は運用ガイドラインを設定し、リスク管理を実現。
  • 管理会社は日次ベースでポジションを把握し、ストレステストベースの厳密なリスクバジェッティングを実行。
  • 管理会社はアドミニストレータと独立して基準価格計算や投資家向けレポーティングを作成。

このスキームのポイントは、ヘッジファンドを運用するマネージャとは独立して、投資家の立場から、管理会社がヘッジファンドの管理を行っている点でにあります。ファンドの執行(運用)をマネージャ-、ファンドの経営(管理)を管理会社がそれぞれ別々に担当する、役割を明確に分離したスキームなのです。

資金管理は投資家名義の分別された口座で個別銘柄レベルの管理が行われ、業務上横領などが生じにくいスキームになっています。

一方、ヘッジファンドとは独立したマネージドアカウント管理会社が各種の機能を提供するため、当然費用が追加的に掛かることになります。透明性・信頼性の高いサービスが提供される対価としてのコストの大きさが妥当かどうかを確認する必要がありますね。

こうしたマネージ土アカウントの活用により、最近では上記でご紹介したような週次約定や日時の約定が可能なファンドが徐々に増えてきています。流動性が高まることは、我々個人投資家にとっても大変重要なポイントであり、こうした利便性が高まってきていることは大いに歓迎すべきでしょう。

 

3.AOIA講演会、セミナーのご案内

○緊急告知!緊迫する中東情勢、

「エジプト・ムバラク政権崩壊のインパクト!(仮題)」

冒頭でも申し上げましたように、現中東情勢が与える世界経済への影響を、中東関連の著書を多く出版されており、中東・北アフリカ地域で豊富な人的ネットワークを有する畑中 美樹 氏にご登場いただきます。

 

日時:2011年3月15日(火曜日)

19:00開演(会場は18:30)
場所:東京都港区六本木1丁目泉ガーデンタワーカンファレンスセンター

会費:5,000円

詳細は添付ご参照ください。

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=12

 

○マネーサクセス:「 海外分散投資を活用した、自分年金作り」

 久しぶりに私が話します!^^。

≪内容≫
  ●オフショア海外投資とは何か
  ●100年に一度の不況と言われる今だからこそ、投資のチャンス
  ●投資の原則
  ●個人年金計画
  ●プライベートバンクとは何か
  ●オフショアのメリットとリスク
  ●具体的なオフショア投資商品事例
  ●個人のポートフォリオの作り方の例
  ●無理をしないで、時間を活用して1億円の資産を作る方法

 

日時:2011年3月12日(土曜日) 18:00開演
場所:
東京都 豊島区東池袋1-3-5  池袋アットビジネスセンター本館7階

http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/access.html

詳細は添付ご参照ください。

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=12

会費:5,000円
主催:株式会社ミッションコーチング

 

○ 海外投資速習ゼミ

なんと朝9時から夕方6時までの丸一日コースついに登場!

 これまで、時間と費用を使い試行錯誤を重ねて実践してきた実績ある海外情報をすべて共有します。
今回の講義を受講することで、単体の商品知識ではなく金融を取り巻く全体をみて、人生設計のライフプランにあわせて商品を組み立てていく手法がわかり、安心の資産運用ができるようになります。
海外資産運用中級者が実践している内容を、1日で習得できるように情報を精査し、ノウハウをギュッと凝縮して、わかりやすく段階的にまとめた講義。
それが「海外投資速習ゼミ」です。

≪講義内容≫

■日本の現状と海外の必要性
・日本の今 ・海外の今
・なぜ海外が必要になってくるのか

■ 海外活用の視点(グローバルスタンス)
・海外活用の考え方 ・日本と海外の金融商品比較
・海外投資・国内消費で日本を豊かに

■ 簡易ライフプラン
・人生「百年の家」建築ワーク

■ 具体的な実践事例~入門コース~・「利回り7%の真実」

■ 具体的な海外活用方法
・海外投資安心のステップ10公開
・地域、通貨、商品分散で考える資産運用

■ 具体的な運用方法
・これは安心 元本保証型 ・誰でも始められる積み立て型
・海外土地不動産を活用したランドバンキング
・自ら海外不動産を所有する方法

■ 具体的な実践方法~速習ゼミ編~

■ ライフプランの設計
・ライフプランとは ・環境にライフプランを合わせる
・自分年金を作る4大原則

■ 理想の生活の為に

 

日時: 名古屋 2011年3月19日(土曜日) 9:00~18:00

東京   2011年4月2日(土曜日) 9:00~18:00

場所は追ってご案内いたします。

主催:GGL、AOIA

○):「ランケンの投資に勝つための経済英語(基礎編)(仮)」

・Course Objectives(コースの目的)

このコースは投資のための経済の基本と、それを英語で理解する能力を付ける事を目的とします。英語の比率は徐々に高めていきます。

・Goal(ゴール)

本コースのゴールは、英語で海外の情報を読み、経済の理解をきちんと理解できるようになる事です。これにより、今、世界で何が起きているかを自分で把握して、今後どうなるかを都度考え見直す事が出来るようになる事を目指します。

・カリキュラム予定

4月-6月の開校日は下記のとおりです。

4月9日、23日、5月7日、21日、6月4日、18日 

原則土曜日14:00-16:00、16:30-19:00

尚、料金、コース割等の詳細は、2月中に告知いたします。

 

「バレンタインデー 義理チョコ廃れ 友チョコに」(女子会ブームでガールズトーク!男子はチョコっと自分買い(寂)(同上)

我が家でも、当日は娘が大量のチョコやクッキーを持ち帰って、2日に分けて一揆食い!時代は変わったものですね^^。

 

今回の出張は、無事忘れ物せずに帰宅できました^^。もっとも、前回はホテルにワイシャツを忘れ、そもそも今回は既に自宅に着替え一式を置いたまま出発。さすがのカミサンもただただあきれるばかり。。。

旅先で完成させるつもりだった通信原稿を保存したUSBメモリスティックも、しっかりデスクに残っておりまして、ただいまようやく完成でございます。

 

次回は3月5日(土)新月の夜にお届け出来たらいいな^^。

*************************************

〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-9-11 信和ビル4階

AOIA 株式会社

Asia Offshore Investment Academy Co., Ltd.

http://www.aoia.co.jp 

info@aoia.co.jp 

TEL:03-6273-3860

FAX:03-5777-6112

代表取締役

国際フィナンシャルコンサルタント、海外投資アドバイザー

中田 裕

 

 

当メルマガは、AOIA株式会社が作成した情報提供のみを目的とする資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、信頼できると判断した情報に基づいて作成していますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。 


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース