人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

オフショアアカデミー通信 VOL16

  • 投稿日:2011年4月20日

 

オフショア・アカデミー通信VOL16

「花咲けど— 心凍て付く 冬模様」(師匠最新作より)

 

2011年4月18日

 

昔から相性が悪いのでしょうか?早々に花びらを散らした葉桜と、厚い雲に覆われ顔すら見せなかった満月。季節はずれの寒風が吹きすさび、なんとなく気分が晴れない日々が続いております。

夜中に部屋にこもって物書きをしていると、ついつい愚痴っぽくマイナス思考に陥りそうなので、できるだけ午前中に書くようにしているのですが、今回はいつにも増して筆が進みません。歴史に刻まれる年になる2011年。今年はまだまだいろんなことが起こるでしょう。身を引き締めていきたいところです。

 

主な内容

1.最近の気になる動向

2.AOIA講演会、セミナーのご案内

3.当面の海外視察スケジュール

 

1.最近の気になる動向

 

さて、マーケットに目を転じますと、昨今の不透明な環境下にもかかわらず、市場最高値を更新中のものがあります。昨日のNY商品取引所における金先物価格は、ついに一時1500ドルに到達。3日連続での史上最高値を更新中です。一方、銀も32年ぶりの高値更新で、こちらの上昇幅はきわめて異常、ものすごく危険な匂いがします。

もともと金には、実物資産としての側面と、信用通貨としての側面があります。今回の価格上昇は、

原油価格高等や、農作物・食料品価格高騰による、インフレ懸念(コストプッシュ型)

と、

米国をはじめとする先進国中央銀行による金融引き締め対応の遅れによるインフレ懸念(過剰流動性型)

によるものがひとつ。

もうひとつは、今週S&Pが米国債の見通しをネガティブ(否定的)に引き下げるなど、先進主要国の財政赤字問題や、チュニジア・エジプト・リビアと続く中東問題等で、リスク回避資金が信用通貨としての金に向かっている、さらにはそうした動きに対する思惑から投機資金が更に追い討ちをかける、といった動きが背景にあります。

銀は明らかに金に釣られた投機主体の動き。われわれ個人投資家は、そろそろ出口を意識しておく必要があると思います。

巷では、高配当を謳う債券ファンドの人気が続いています。通貨選択型などはブラジルレアル建てやオーストラリアドル建て等、高金利国、資源国通貨建てのものが特に人気のようです。しかし、実際投資している債券が、ユーロ建てのジャンク債などが中心の、きわめて危険なものも散見されます。

WSJによると、世界の高利回り債券市場が発行額など多方面で記録的な水準に達しているようです。サブプライム問題の影の主役のひとつ、CDOの乱発の背景には、こうしたジャンク債のリスクを分散させる目的があったのですが、2006年当時の発行量をはるかに上回るペースでの起債が続いており、それが消化されているということです。注意したいのは、JPモルガンによると、最近の起債ではよりリスク度が上昇している点。欧州では発行された債券の9%が現在トリプルCの格付け。この比率は09年がゼロ、10年が2%です。

短期的にはまだまだ円高リスクは残っていますが、「いつまでもあると思うな親と金」

ならぬ金高、円高、世界的な債券高は、今年大きな転機に差し掛かっていると思います。

滝つぼが見えてからでは遅いのです。日本の個人投資家に、新たな震災が降りかからないことを切に祈るばかりです。

 

2.AOIA講演会、セミナーのご案内

おかげさまで、AOIA第2回講演会、畑中 美樹 氏 による

「エジプト・ムバラク政権崩壊、リビア情勢緊迫のインパクト!」

は、皆様より大変好評をいただき、ありがとうございました。

次回も凄いです!

 

○AOIA第3回講演会

 

「デフレの正体」の著者・藻谷浩介氏

テーマ:『震災後の日本を考える』

 

先週のNHK、NW9のご出演や、今週日曜日の朝日新聞にも特集記事(添付URLご参照http://aoia.co.jp/PDF/frontrunner.pdf )が出るなど、相変わらず超多忙な藻谷氏。特に4-6月は次作品の執筆に注力されるため、数多の講演依頼を原則お断りしていらっしゃる中、今回特別にご登壇いただけることになりました。

まさにタイムリーなテーマで、人口論をメインに、時間の許す限りお話いただく予定です。

 

日時:2011年5月27日(金曜日)

19:00開演(会場は18:30) 
場所:東京都港区六本木1丁目泉ガーデンタワーカンファレンスセンター

会費:5,000円
講師:藻谷 浩介氏

詳細・お申し込みはこちらから!

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=22

座席数に限りがございます。お申し込みはお早めにお願いいたします。

 

○スクールコース

ランケンの投資に勝つための経済英語(基礎コース、アドバンスコース)

http://www.aoia.co.jp/PDF/lanken.pdf

早速多くの方にお申し込みいただき、ありがとうございます。

原則月二回、3カ月間のコースです。いよいよ4月23日より第1回目の開講です。

このコースは投資のための経済の基本と、それを英語で理解する能力を付ける事を目的とします。英語の比率は徐々に高めていきます。

本コースのゴールは、英語で海外の情報を読み、経済の理解をきちんと理解できるようになる事です。これにより、今、世界で何が起きているかを自分で把握して、今後どうなるかを都度考え見直す事が出来るようになる事を目指します。

アドバンスコースは、人数を5名迄に限定し、よりマンツーマンに近い形で基礎コースを習得していただき、加えて、海外ヘッジファンドのFactsheet、プレゼンテーション資料の見方、ポイント等につき私が直接解説しいたします。

詳細はコチラ↓!

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=20

 

また、多数のご要望にお答えすべく、ライブ配信や、DVD化も予定しております。詳細はお問い合わせください。


                       

  • 当面の海外視察予定

 

香港: 5月8日-11日(確定)

6月19日-22(確定)

7月以降も毎月随時予定(上海も含む)

 

エストニア:5月15日-20日(確定)

 

ハワイ:6月5日-11日(確定)現地セミナーも予定しております

 

ベトナム・シンガポール:8月12日-16日で手配中

 

スイス、マン島、ロンドン:9月初旬で手配中

 

その他、LA、タイ、バヌアツ、スリランカ、カンボジア等もスケジュール調整中です。

詳細はお問い合わせください。

 

毎回香港に行くと思うのですが、一体どこからこの人たちは出てくるのか?少し高めの日本料理レストランもランチタイムは予約無しでは相当待たされる。数ある中華レストランも、時間帯を問わずいつも賑わっている。今回の震災を機に、香港での法人設立や口座開設を検討、実行される方も一段と増えてきており、香港の街は独特の活況を呈しています。そんな中、先週初の人民元建てIPOが発表されました。

マクドナルドが中国で初の人民元建て社債を発行したのが昨年。香港での中国国債や人民元建て投資信託が解禁されるなど、人民元の中国外でのプレゼンスがますます高まってきました。
人民元建て預金であれば、わざわざ香港や中国に行かなくても、中国銀行の支店で誰でも簡単にできる時代。国際通貨としての信認と地位を確たるものにするには、まだまだ道のりは遠く、運用商品の整備が遅れているのも課題のひとつでした。
今月29日に香港市場でIPOするのはアジア一の大富豪、李嘉誠(リーカーシン)率いる長江グループ傘下の商業オフィス運営会社、つまりREITです。規模は17億ドル相当と超大型。これまでの元建て商品は低利回りの債券や銀行預金に限られていましたが、このIPOで、オフショアの人民元で投資家が運用できるさまざまな金融商品が増えることとなりそうです。

この動きは人民元が国際通貨になる一歩であるとともに、香港にとっても元建てで資金を調達するオフショア拠点としての前進となります。

このREITの運用対象は北京の天安門広場から徒歩圏内にある高級商業地「東方広場」を中心としています。中国政府は上昇を続ける住宅部門の時価総額に対する規制を強めており、商業不動産に対しての投資家ニーズはますます高まりそうな状況です。

香港金融管理局(HKMA)の統計によると、1月時点での香港での人民元建て預金額は560億ドル。これは1年前に比べ6倍増で、今回のIPOの応募が数倍となるのには十分な額といえるでしょう。

最近はちょっとしたお土産では興味を示さなかった娘も、外国紙幣には関心があるようで、ハワイで残ったドル札をはじめ、かぎ付きの立派な貯金箱(?)の中には、いろんな紙幣の種類が増えてきました。円高や円安といった話も、少しは身近な事象として理解しつつあるようです。しかし

「生活費は円でください!」

と我が家の財務相からぴしゃり。

当面我が家の円高地合は変わりそうもありまんなぁ。。。^^

 

次回は5月3日新月の夜にお届けする予定です。お楽しみに!

*************************************

〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-9-11 信和ビル4階

AOIA 株式会社

Asia Offshore Investment Academy Co., Ltd.

http://www.aoia.co.jp 

info@aoia.co.jp 

TEL:03-6273-3860

FAX:03-5777-6112

代表取締役

国際フィナンシャルコンサルタント、海外投資アドバイザー

中田 裕

 

 

当メルマガは、AOIA株式会社が作成した情報提供のみを目的とする資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、信頼できると判断した情報に基づいて作成していますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース