人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

FRBの金利引き上げと「Patient」という表現

  • 投稿日:2015年3月6日

◆◇◆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5分でわかる今週の経済見通し
~今週も動画でお金の勉強をしましょう!~

中国の景気動向に注目!
http://oven-ex.jp/keoj3620/21181
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆◇◆

【今週の経済ワンポイント解説】

先週に引き続きFRBの金利引き上げについて補足です。

FRBというのはFederl Reserve Systemの略でアメリカの中央銀行です。

このトップに就任しているのがイエレン米連邦議長になります。
日本で言えば日銀の黒田総裁ですね。

さて、2月25日イエレン米国連邦議長は下記のような発言をしました。

【英文】
U.S. Federal Reserve Chair Janet Yellen said Tuesday that
the Federal Reserve remains 「patient」 in deciding when to start raising interest rates
because too many Americans remain unemployed,
wage growth remains sluggish and inflation is running below the Fed’s target.

The Star.com Economy 25 Feb 2015

http://oven-ex.jp/keoj3620/31181

【単語】
・remain ~のままである
・interest 金利
・sluggish:怠惰な、鈍い、⇒ かなり緩やか、というニュアンス
・wage:賃金、給料
・below ~の下に

【日本語訳】
イエレン米FRB議長は、火曜日、FRBは利上げ時期に関して、
引き続き「辛抱強く」あり続けることを発表した。
なぜならば、多くのアメリカ人の雇用状態は引き続き悪く、
賃金の上昇率もまだまだ緩やかだからだ。
そして、インフレ率もFRBの目標を下回ったままである。

毎月、今後の景気見通しを踏まえて
イエレン米FRB議長が利上げ時期について発言をしていますが
今は、発言の中で「Patient」の単語が削除されるかどうかで
利上げ時期が近づいているのかそうでないのか判断する要素になっているようです。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース