人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

セミナー議事録

  • 投稿日:2009年11月29日

今月上旬、名古屋のパートナー伊藤先生主催のセミナー【名古屋海外投資研究会】で講演したときの議事録です。

第3回勉強会 議事録
テーマ 2010年の展望

ポイント
金融危機から実態不況へ
2010年問題
ドル安の継続
中国頼みの綱渡り経済

内容、発言
世界経済
各国の景気対策の効果の息切れ
金融機関の不良債権は増加している。
雇用統計の悪化 米10%超え、日本6%に迫る
不動産価格の動向 住宅は下げ止ったが、商業はこれからが大変

世界経済の二番底はこれから、、。
中国経済が引っ張っているが、綱渡り状態。
今は、財政出動によるリバウンド(一時休止)

国内
①医薬品業界の特許切れ
②団塊の世代のリタイヤとオフィス需要の減退
③商業不動産のリファイナンス不可で投売りが出る
④消費意欲の減退によるデフレ傾向

米国でも同じ

為替
各国の政府債務が積み上がる
米国の財政赤字とドル安傾向
**米ドルの大幅下落は避けられないように見えるが、、。
**アメリカ以上に傷ついている欧州経済。

強い円に逃避。目先は円高!来年は80円割れにトライか?

商品
穀物・原油は厳しい
金は、1000ドルの壁を抜け、1,000~2,000のレンジになった

Q&A
Q1.今、注目するアジアの新興国はどこなのか?GSが提唱する「チャインドネシア」のインドネシアはどうですか?
Ans.インドネシア・フィリピンは、過去良い記憶が無い。政治的に問題が多い。まだ、同じイスラムならマレーシアの方が良い。まずは、タイやベトナムの方が先に投資するべきだと思う。個人的にはスリランカを応援している。

Q2.マンファンドは、資金が集まりすぎてパーフォーマンスが悪くなっていないか??
Ans.確かにそういう側面はある。CTA自体が、今年の相場はトレンドが無かったのでマイナス実績となっているものもある。しかし、プログラムは日々進歩しているので、高成績なAHLファンドに無料で乗り換えなどを行っていることも一要因でもある。

Q3.中田さんはFXなどで投資をされていますか?
Ans.個人的には、相場観を保つ程度しかおこなっていない。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース