人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

画伯が語りかけてくれたもの

  • 投稿日:2010年7月5日

六本木の国立新美術館で開催中のオルセー美術館展、来場者は既に30万人を超えたようですね。行こう行こうと思いながら、なかなか思い通りになりません。金曜、土曜は閉館時間を遅くしてくれるようなので、何とか月内に行ってみようと思います。パリのオルセーに行ったのは、今からもう17年前。個人的にはルーブルよりも強く印象が残っています。

初めて自分一人で絵を見に行ったのは、おそらく社会人になったばかりの頃、上野の日展だったような気がします。なんとなく本屋で手にした東山魁夷の「風景との対話」を読んで、当然の如く画伯のファンになり、足を運ぶようになったのだったと記憶しています。久しぶりにこの本を、それこそ25年ぶりくらいに実家で発見。もう一度読んでみようと思います。「人は生かされている。。。」当時ものすごく感銘を受けた記憶があります。20代前半のお気に入りは、正に東山魁夷と藤沢周平、村上春樹、アーウィンショー、サリンジャー、ポールオースター。。。あれからほぼ倍の人生経験を積んだ今、画伯は何を語りかけてくれるのでしょう。楽しみです。

ちなみに、私が最も好きな絵は、もちろん「道」です。緑と青と白の世界。「緑響く」も捨てがたいですね!

印象派も素晴らしいですが、日本の美術ももっと世界に広まってほしいと思いますね!

 


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース