人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

中国経済指標

  • 投稿日:2009年9月14日

中国
8月 CPI (-1.2%)
8月 PPI (-7.9%)
8月 輸出入 (輸出-23.4% / 輸入-17.0%)
8月 M2 (28.5%)
8月 鉱工業生産 (+8.1%)
8月 固定資産投資 (+33.0%)
8月 小売売上 (+15.1%)
先週はChina Week。 中国は国家統計局から発表される指数に関しては、今後全て11日に発表することを決めたので(原則11日ということで、休日・祝日にはどちらかにずれ込むだろう)、金曜日にまとめて全てが発表された。
結果から言うと、輸出入を除き、全体的には予想より強い結果となったと言える。 
銀行による新規貸出はそろそろ伸び率が緩やかになることが予想されたが、7月の356Bn元から更に拡大し、410Bn元が元建での新規貸出額となった。 ただ6月の1.5Tn元の4分の1程度の金額となっており、下半期の新規貸出額の平均は400Bn元程度になると予想される。 
ところで、先日中国政府が元建債券を香港で発行する、という話があったが、スタンダードチャータード銀行上海が、香港の顧客に百万元のローンを実施したと中銀が金曜日に公表。 中国国内の銀行が、海外に短期のローン(27日)を実施した初のケースとなる。 中国は貿易決済も元で行えるようなスキームを整えつつあるが、こうして政府は少しずつ元の国際化を進めているようだ。 とは言え、元の切り上げやドル安を議論するのは時期尚早だろう。 まだ中国は自国通貨を政府の管理下に置きたいと思っているため、全てに開放することはなく、少しずつ自分達の目が届く範囲での開放に限定されると考えられるからだ。

情報提供:バークレーズキャピタル証券株式会社


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース