人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

アドバイザーの独り言

  • 投稿日:2009年6月3日

先日あるセミナーで、知り合いの個人投資家にお会いしました。彼は株式投資のプロで、主に中国株が主戦場。有料のメルマガ会員も多数いらっしゃって、その世界ではかなりの有名人です。

3月以降の世界的な株価の回復基調を受け、最近またお客様からのいろんな問い合わせが増えてきたようです。多いのは、いわゆる「推奨銘柄」の紹介依頼。彼は、中国株が暴落を始める数ヶ月前に、中国株ポートフォリオを全て売却。全会員向けにも、撤退を推奨したそうです。

「資産を増やすより、目減りから守るアドバイスのほうが実際には難しいのに、なかなか出口をアドバイスしても感謝されない。実際に売却のアクションを取った人はごくわずかで、後になってからあれこれどうしたらよいでしょうといわれても、アドバイスのしようがない。関心が高いのは、どの銘柄が上がるかばかり。市場全体が良いときは、アドバイスなんていらないのにね。。。」

と嘆いておりました。

アドバイザーは、正しい情報と、判断の基準になる考え方、物の見方、事象の捉え方を提供するのが本来の役割だと思うのですが、期待されるのは預言者的な要素が大きいのかもしれませんね。

悩ましい。。。

 

 


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース