人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

AOIA通信VOL25

  • 投稿日:2011年8月30日

AOIA通信VOL25

 

「米東部 自然災害も 日本化?」(マグニチュード5.8地震/ハリケーン・アイリーン直撃!)

 (師匠最新作より)

 

2011年8月30日

 

昨日8月29日は、おとめ座の新月。知性や分析力、緻密さを秘めた星座ですが、実は私自身も含め、弊社関係者にはおとめ座が多いんです!!(もちろんグウゼンだと思いますが^^)。これまでの状況を冷静に分析し、これからの方向性を決めるのには、またとないタイミングです。折しも、昨日は民主党代表選。

「回転寿司 トロイカの後 ゲソ/カッパ?」(上ネタが回ってこない!? )

「パンドラの 箱を開ければ 雑魚ばかり?」(ギリシャの話? 否ポスト菅・民主党代表選のお話!!)

と、事前にはやや盛り上がりにかけた菅?もありましたが、蓋を開けてみれば以外やベストな選択だったかもしれません。

混迷し続けてきた政治が、今回のサイクルを機に、新たなスタートを切ってくれることを願ってやみません。

 

主な内容

1.安全資産バブルの始まり?

2.会員向け通信レター配信および同レター連載コラム「データと小勝負」のご紹介

3.AOIA講演会、セミナーのご案内

4.当面の海外視察スケジュール

 

1.安全資産バブルの始まり?

米国債の格下げ、欧州の財政・金融不安、米国をはじめとする世界景気減速懸念。。。この8月は月初より不安定な市場が続き、ドル円は史上最高値を更新。世界的なリスク回避気運が高まっています。一方、ここへ来て「安全資産」として選好されてきた金(ゴールド)、債券、スイスフランが反落してきました。

先週26日、世界の中央銀行の幹部らが年に1度集まるこのワイオミング州ジャクソンホールでの講演において、バーナンキFRB議長がQE3実施の具体的な内容について言及しなかったのはある意味当然で、9月の会合(=FOMC)日程を20日~21日の2日間に延長することで、市場が総悲観に傾かないようにコントロールし、今のところ議長の狙いは奏効しているように思われます。逆に言えば、米国は来年の大統領選挙を控え、財政政策を柱とした新たな景気刺激策が事実上封印されてしまっている状況下、当面の事態収拾は一段の金融緩和しかないのが現状です。しかし、「伝家の宝刀=QE3」は、そう易々と抜くわけにはいきません。それでダメなら「もはや打つ手がない」と言わざるを得ないほど、いま政策の選択肢は限られてきているのです。

QE3の実施が困難な理由は4つあると思います。

まず第1にFRB内部の反対です。

 8月9日(火)のFOMC(連邦公開市場委員会)では、2013年まで実質ゼロ金利に据え置くといった合意が得られたものの、計3名の理事が反対票を投じています。これは1992年以来のFOMCで最も反対票の多い議決でした。

 第2にインフレの状況です。

米7月PPI(生産者物価指数)のコア指数は7ヵ月ぶりの高水準を示しており、インフレ傾向が鮮明になってくれば、量的緩和を益々実施しづらくなります。

 第3に政治家からの圧力

FRBは独立した機関であるものの、最近ではかつてないほど政治家から圧力を受けています。大統領選の次期後補である共和党のベリー・テキサス州知事はバーナンキ氏を名指しして、QE3があれば米国への「背信行為」と激しく非難。茶会派の強硬姿勢はFRBの手足を縛り付けているわけです。

 そして第4に、もっとも主要な問題として、量的緩和策自体に効果がなかったことでしょう。

 本来、量的緩和策の目的は、米国の資産高の波及効果によって、雇用と景気回復を図るものですが、2回の緩和策実施にもかかわらず、一時的な株高をもたらしただけで、米国の景気浮揚にまったく貢献できていないといえるのではないでしょうか。

 しかし、これらのハードルを越えて、バーナンキ議長が遂に「伝家の宝刀=QE3」を堂々と抜ける状態が一つあります。それは、一段の金融市場の混乱が起きたときです。最近の市場の動きを見ていると、大きな思惑の鬩ぎ合いの構図が浮かんできます。

先日金相場が1日で5%も急落することがありました。これは2008年3月以来の急落で、その2008年3月の急落は、その後半年以上にわたって30%ほど金相場が下落する展開の始まりでした。

 そして、その2008年3月からの金相場の中期的な下落に並行する形で、為替市場では、2008年3月の97円から同年8月の110円まで、米ドル高・円安の展開となりました。金もまた、代表的な安全資産の1つです。その意味では、この2008年3月からの金相場の下落も「安全資産バブル」破裂の1つであり、そこでも為替の代表的な安全資産とされる円は、やはり下落に向かっていたのです。

 8月下旬の金相場の急落と、米国金利の下がり過ぎ、債券価格の上がり過ぎの兆候。また、円と並ぶ安全資産の代表格とされるスイスフランも、このところ上昇が一服し、反落気味の動きが見られ始めました。

これらの動きが共通して示唆するのは、安全資産買いの限界の可能性と、安全資産バブル破裂の兆しと見るのは早計でしょうか?

再三申し上げてきているように、日本のデフレ状態が解消されない限り、基本的な円高圧力は残り、放置すれば一段の円高は不可避ですが、新総理も決まり、おとめ座の新月を迎え、トレンドの転換点が近づきつつあるのかもしれません。そろそろ円売り、金売りを真剣に考えてみようと思っています。

 

2.会員向け通信レター配信のご案内

先日有料会員向け通信レター号外を配信いたしました。

内容は

・最新海外市場レポート

 -「米追加緩和策の新たなヒント示さず=バーナンキFRB議長講演」(By WSJ)

・新興国レポート

 -「点心債」の現状:国境を行き来する人民元(By Economist)

・ファンド研究

 -「某社 豪ドル建て 元本確保型ファンド」

・実践!積み立てプラン研究

 -「某」社Saving Plan

・連載コラム:

「データと小勝負」

・講演会、セミナー、勉強会等のご案内

といった感じです。

原則毎月第2、第4火曜日の配信を予定しております。

 

弊社スタッフによる金融機関覆面調査レポート「のんびり散歩 資産運用」(月1回)

https://argo-navi.net/mielca_aoia/Download.aspx?file_cd=481

 

青年個人投資家による特別寄稿、「データと小勝負」(毎号)、

Dataと小勝負のプロフィール 

東京都調布市在住。1972年生まれの39歳の男性。学生時代から海外に関心を持ち、購読紙は日本経済新聞。日経ビジネス・東洋経済・選択などの記事も丁寧に確認。資産運用の必要性に目覚め、2010年秋より海外投資開始。AOIAの英文資料翻訳なども行う。コラムは個人的立場から作成。丁寧な調査・分析と客観的なコメントが目標。慎重ながらも良いものは率直に評価する姿勢で執筆中。

今後のブラジル経済の課題とレアルの見通しについて考える  by Dataと小勝負30

https://argo-navi.net/mielca_aoia/Download.aspx?file_cd=501

 

会員サービスの詳細、お申し込み等につきましては直接お問い合わせください。

 

3.AOIA講演会、セミナーのご案内

○第5回AOIA講演会のご案内

  『朽ちるインフラ~PPP・PFIに活路を見出せ~』

講師:根本 祐二 氏(東洋大学経済学部教授、近著『朽ちるインフラ』)

◇日 時 9月21日(水)19:00~21:00

◇講 師 根本 祐二氏 東洋大学経済学部教授

◇会 場 泉ガーデンカンファレンス(7階)ROOM4

  

・人類史上最速の老朽化

・東日本大震災では震度5でも死亡事故や建物全壊が発生

・毎年8兆円にのぼる社会資本更新時代が到来

・財政的破綻か物理的崩壊の究極の選択

・破綻を回避する7つの知恵とは

・PPPなしに危機を乗り越えられない

・身近な投資で社会を守ろう

・1400兆円をいかに誘導できるか

 公民連携学術的研究と実践を推し進める第一人者で、東洋大学経済学部教授で、同PPP研究センターセンター長いらっしゃいます根本祐二氏に、お時間の許す限りお話いただきます!!(震災対応を含む)

 

日経新聞掲載記事はこちら

https://argo-navi.net/ju/url.aspx?c=bpa0ci9vbtem2dh48bj9

 

日本が中心になると思いますが、新興国へのパッケージ型インフラ輸出についても言及いただく予定です!

実務家はもとより、日本都市の未来に関心のある方は是非ご参加ください!!

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=104

 

○藻谷浩介氏講演会のDVD好評発売中!!

多数のお申し込みいただきましてありがとうございます!!

特別に当日使用された資料もお付けいたします。

約2時間半に及ぶ熱演を、臨場感そのままにノーカットでお届けします!

 

▼詳細とお申し込みは下記URLから

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=102

 

ランケンの投資に勝つための経済英語

シーズンⅡ市場編がスタートいたしました。

基礎コースも同時並行開催決定!多数のご参加ありがとうございます。

 

先日のスクールのイントロコースの様子がダイヤモンドザイにて掲載されています。!!

http://english-school.aoia.co.jp/school/books.html

 

▼詳細とお申し込みは下記URLから

http://english-school.aoia.co.jp/

 

■セミナーのお問い合わせ先:担当:AOIA事務局 

Tel.03-6273-3860 mail:info@aoia.co.jp

http://www.aoia.co.jp/company/index.html

 

  • 当面の海外視察予定

 

香港: 9月8日-13日(確定)

 

ベトナム・タイ:9月後半-10月中旬で調整中

 

その他、ロンドン、スイス、マン島、ハワイ、LA、バヌアツ、スリランカ、カンボジア、シンガポール等もスケジュール調整中です。

詳細はお問い合わせください。

 

野田新代表が決まった後の街の声。「期待しない。。。誰でも一緒」という回答が多かったのには、心から残念に思います。気持ちはわからないでもないですが、現政権を選んだ我々の責任を棚に上げた、ひと事よそ事無関心。もっと当事者意識を持ちたいものです。

今回はあっさり。

我が家の女性陣は朝からジョギングにバレーの球出しと、いたって元気!一方の私は、久しぶりに明け方左足が攣りました。最近朝晩が涼しくなったせいか、水分不足と冷えの影響なのでしょう。やや夏バテ気味でもあります。季節の変わり目、より一層の体調管理が必要ですね。皆様におかれましてもご自愛の程。

次回は9月12日満月の夜にお届けする予定です。お楽しみに!

*************************************

〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-9-11 信和ビル4階

AOIA 株式会社

http://www.aoia.co.jp 

info@aoia.co.jp 

TEL:03-6273-3860   FAX:03-5777-6112

代表取締役

国際アセットコンサルタント

中田 裕

 

当メルマガは、AOIA株式会社が作成した情報提供のみを目的とする資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、信頼できると判断した情報に基づいて作成していますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。 


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース