人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

AOIA通信VOL22

  • 投稿日:2011年7月18日

AOIA通信VOL22

 

「熱帯夜 涼風一閃 撫子咲く!」

(師匠最新作より)

 

2011年7月18日

 

かに座の満月15日。師匠が最新作を携えてオフィスに起こしになりました。まさに今朝の結果を預言したかのようなタイトルの快作!魁皇の新記録更新とともに、猛暑の憂さを吹き飛ばす、元気と勇気を与えてくれる歴史的な快挙ですね!

国内の政治に関しては、この際ノーコメント。せっかくの良い気分を害したくありませんからね。

しかし、今年も後半に入り、予想通り世界の市場には暗雲が垂れ込めているようです。

7月8日、市場が注目していた6月米国雇用統計が発表になりました。失業率は9.2%(市場予想は9.1%)、非農業分門就業者数変化は1.8万人の増加(市場予想は10.5万人の増加)となり、大方の予想を大きく下回る結果となり、米国の雇用環境は極めて厳しい状況が続いていることが確認されました。こうした状況を受けて、7月13日(水)に行われた半年に1回の議会証言の中で、FRB(米連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は「景気回復が緩慢な状態が続くと失業率が下がらず、物価上昇率も下がる可能性がある。そうした事態になれば、追加的な金融緩和を行う用意がある」と表明しています。具体的には「証券の追加購入に踏み切る」、「ゼロ金利の長期の継続については、その期間を明示する」などし、所謂QE3の可能性を示唆したわけです。

今回急激に78円台までの円高が進んだ背景には、欧州問題のくすぶる中、米国においても景況感の悪化、米国債のデフォルト、格下げ懸念等の問題が材料視され、リスク回避先としてスイスフラン・金・円に資金が流れているという構図が浮かんできます。前回も書きましたように、これらの材料のほかにも、中国のハードランディング(金融引き締めの副作用としての景気減速、資産価格の暴落、内政状況の悪化)懸念や、不安定な状態の続く中東情勢等の問題があります。また、国債保有量の多い欧米銀の経営体力問題が再びスポットライトを浴びる可能性もあります。

いずれにせよ、市場のリスク回避姿勢は当面続き、結果的に避難通貨としての円高バイアスが継続される環境はまだしばらく続きそうです。8月からのFXの新規性導入も、一段の円高の波乱要因と見ています。

 

主な内容

1.2011年上半期ヘッジファンド動向

2.AOIA講演会、セミナーのご案内

3.当面の海外視察スケジュール

 

1.2011年上半期ヘッジファンド動向

 

先週、クレディスイスダウジョーンズヘッジファンドインデックスの6月速報が発表されました。6月単月の同指数は-1.36%で、5月に続いてのマイナス。年初来は+1.65%となりました。6月は、全10戦略のうち8つの戦略がマイナス、中でもマネージドフューチャーズ戦略が-3.07%と不振が続く一方、ショート(空売り)戦略が+1.57%のパフォーマンスとなっています。全体としては今ひとつのパフォーマンスですが、ヘッジファンド業界への新規資金流入は6月が56億ドル年初来で333億ドル、推定残高は1.8兆ドルで、依然高水準を維持しています。ただリーマンショック前の水準を超えた3月に比べると、流出超の傾向が窺えます。

 

Index

June 2011

May 2011

YTD

Broad Index

-1.36%

-0.96%

1.65%

Convertible Arbitrage

-0.86%

0.02%

3.67%

Dedicated Short Bias

1.57%

2.20%

-4.91%

Emerging Markets

-0.65%

-1.10%

2.20%

Equity Market Neutral

-0.29%

-1.03%

5.54%

Event Driven

-2.16%

-0.61%

1.31%

   Distressed

-0.70%

0.01%

3.11%

   Event Driven Multi-Strategy

-3.08%

-0.98%

0.23%

   Risk Arbitrage

-0.04%

-1.05%

2.94%

Fixed Income Arbitrage

0.06%

0.21%

3.53%

Global Macro

-1.11%

-0.63%

1.35%

Long/Short Equity

-1.49%

-1.68%

0.75%

Managed Futures

-3.07%

-4.44%

-3.40%

Multi-Strategy

-0.64%

-0.05%

4.38%

Dow Jones Industrial Average

-1.10%

-1.53%

8.59%

Dow Jones Global Index

-1.71

-2.49%

3.47%

 

 

2.AOIA講演会、セミナーのご案内

○第4回AOIA講演会のご案内

 ~ 『J-REIT市場の現状と展望』

 ≪内容≫

今回の講師は、新聞、雑誌、テレビ等でもご活躍、J -REITの第一人者でいらっしゃいます、あの石澤卓志氏(みずほ証券チーフ不動産アナリスト)をお招きしまして

・世界のREIT市場との比較でJ-REITの特徴

・震災による国内不動産市場への影響

・国内外投資家動向を踏まえた今後の市場見通し

等についてお話いただきます。

 

◇日 時 7月21日(木)19:00~21:00

◇講 師 石沢 卓志 みずほ証券金融市場グループ金融市場調査部チーフ不動産アナリスト

◇会 場 泉ガーデンカンファレンス(7階)ROOM2

   東京都 港区六本木泉ガーデンタワー(7階)TEL.03-5572-6113

◇受講料 一般:6,000円(消費税を含む)会員:4,000円(消費税を含む)

     ※法人の価格(5名):20,000円(消費税を含む)

 

▼詳細とお申し込みは下記URLから

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=92

 

○藻谷浩介氏講演会のDVD発売開始

大変お待たせしました。多くの皆様からのご要望にお応えしまして、先日行いましたAOIA第3回講演会のDVDが完成いたしました。

特別に当日使用された資料もお付けいたします。

約2時間半に及ぶ熱演を、臨場感そのままにノーカットでお届けします!

 

▼詳細とお申し込みは下記URLから

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=102

 

ランケンの投資に勝つための経済英語

 ~ イントロ (無料参加)1時間~1時間半のクラス【7月30日17時~18時】

 ~ 第1回 ランケン・スクール懇親会@Hooters 赤坂店 【7月30日19時~21時】

 

イントロ (無料参加)1時間~1時間半のクラス・・・7月30日17時~18時

 

このコースは投資のための経済の基本と、それを英語で理解する能力を付ける事を目的とします。

英語の比率は徐々に高めていきます。

ゴールは、英語で海外の情報を読み、経済の理解をきちんと理解できるようになる事です。

これにより、今、世界で何が起きているかを自分で把握して、今後どうなるかを都度考え見直す事が出来るようになる事を目指します。

 

好評いただきシーズンⅡを8月6日より開講いたしますが、

開講に先駆け、無料参加いただけるイントロ(コース紹介)を開催いたします。

是非、お気軽にご参加ください!!

 

▼詳細とお申し込みは下記URLから

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=46

 

第1回 ランケン・スクール懇親会@Hooters 赤坂店

 

第1回ランケンの経済英語授業終業記念!!

FX会のカリスマブロガーランケン講師を囲い色々な情報を聞いちゃいましょう!

懇親会と言う名の親睦会、アットホームなランケン・スクール。

同じ目標を持つもの同士!さらに親睦を深めようではありませんか?

ランケン講師とも親睦を深め、アップデートな情報GETのチャンスです。

サプライズゲストもランケン講師が呼んでいます!

 

 ・ランケンの経済英語を受講いただいた方

 ・これから受講をお考えの方

 ・ランケン講師に会ってみたい方

       どなたでもご参加いただけます!

       知人&友人を誘ってのご参加もお待ちしております!

 

  是非、お気軽にご参加ください。

 

◇日 時 7月30日(土)19:00~21:00

◇会 場 Hooters 赤坂見附店(東京都千代田区永田町2-14-3赤坂東急プラザ2F)

◇会費 3,000円(食事代+2時間の場所代)

※お飲物は現地で実費精算となります。

 

▼詳細とお申し込みは下記URLから

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=87

 

■セミナーのお問い合わせ先:担当:AOIA事務局 Tel.03-6273-3860 mail:info@aoia.co.jp

http://www.aoia.co.jp/company/index.html

 

○第5回AOIA講演会のご案内

 ~ 『朽ちるインフラ-PPP・PFIに活路を見出せー』(仮題)

 

講師:根本 祐二 氏(東洋大学経済学部教授、近著『朽ちるインフラ』)

◇日 時 9月21日(水)19:00~21:00

◇講 師 根本 祐二氏 東洋大学経済学部教授

◇会 場 泉ガーデンカンファレンス(7階)ROOM4

  

・人類史上最速の老朽化

・東日本大震災では震度5でも死亡事故や建物全壊が発生

・毎年8兆円にのぼる社会資本更新時代が到来

・財政的破綻か物理的崩壊の究極の選択

・破綻を回避する7つの知恵とは

・PPPなしに危機を乗り越えられない

・身近な投資で社会を守ろう

・1400兆円をいかに誘導できるか

 公民連携学術的研究と実践を推し進める第一人者で、東洋大学経済学部教授である根本祐二氏にお時間の許す限りお話いただきます!!(震災対応を含む)

日本が中心になると思いますが、新興国へのパッケージ型インフラ輸出についても言及いただく予定です!

実務家はもとより、日本都市の未来に関心のある方は是非ご参加ください!!

 

  • 当面の海外視察予定

 

香港: 8月28日-31日

 

ベトナム・タイ:9月後半-10月中旬で調整中

 

その他、スイス、マン島、ハワイ、LA、タイ、バヌアツ、スリランカ、カンボジア等もスケジュール調整中です。

詳細はお問い合わせください。

 

今日久しぶりに娘と買い物に出かけました。試験結果をモノで釣る。。。高校生にもなって釣られるほうも問題ありだが、やはり親としてはいかがなものかと思いつつも、結果を出したのだから約束は果たせばならぬ、と呆れ顔のカミサンを残し、繁華街の家電量販店へ。

(因みに、昨日縁あって参加した統計心理学のセミナーによると、我が家は全員同じカテゴリーの分類で、ニンジンをぶら下げられると一番結果を出せるタイプだそうで、思わず苦笑い!その他目からうろこの連続でありました。これは面白いので、ぜひ受講をお勧めします。ご興味おありの方はご一報ください!)

お目当ての音楽プレーヤーを見つけると、色や機能で悩みだす。自分が高校生のころは、今から思うとやたらと重くて大きい、所謂ラジカセの時代。今は手のひらの半分のサイズで、8000曲も収録できるという。思えば30年以上の歳月。世の中は驚くほど変わりましたね。(日本円は対ドルで4倍の価値になったのもそれなりにうなづけますな。。。)

努力の末ほしいものを手に入れた娘は終始ハイテンション。フードコートで特大高級バーガーを食し、もうひとつのお目当ての「漢文」と「日本史」の参考書も手に入れ、石をナイフでたたきながら、歌を歌う、これまたハイテンションな不思議なアイスクリーム屋で、その店人気No2のアイスと特製カキ氷を手に、外の暑いベンチでぺろりと平らげる。そしてそれは起こったのであります。

「ウチの友達からレンアイの相談受けたんだけど。。。」

「おぉーー。。。」

「好きな人ができたらしいのぉ。どうしたらいいって聞かれたんだけどぉ、お父さんドウ思う?」

「お、お母さんには聞いたの?」

「一言うと十返ってくるから、メンドクサイぃ!」

「ハハハ。。。なるほど。。。中略。。。で、部活の仲間で付き合ってる娘はいるの?」

「○○○は最近別れたから、ウチら全員フリー。アハハ」

「そぉぉ」

娘からこういう相談を受けるようになるとは、正直想定外でありまして、ライフプランや資産管理のコンサルティングが本職とはいえ、わが娘の「トモダチネタ」は専門外であります。正直途中からの会話の内容はほとんど記憶にありません。しかし、そうも言ってられませんね。親としては大事な本業。最近は布団やソファーの上で寝ている顔しか見せていなかった事を深く恥じ、相手にしてくれる間に、できるだけ一緒にいる時間を作らねば、たとえウザがられようとも!娘よ、相談してくれてありがとう!

 

「昼はオムライスにハンバーグだって?油もんばっかりで、やさいがないじゃないっ!」

おっと、もうお一方のほうがやはり手強い!

 

次回は7月31日新月の夜にお届けする予定です。お楽しみに!

*************************************

〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-9-11 信和ビル4階

AOIA 株式会社

http://www.aoia.co.jp 

info@aoia.co.jp 

TEL:03-6273-3860   FAX:03-5777-6112

代表取締役

国際フィナンシャルコンサルタント、海外投資アドバイザー

中田 裕

 

当メルマガは、AOIA株式会社が作成した情報提供のみを目的とする資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、信頼できると判断した情報に基づいて作成していますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。 


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース