人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

AOIA通信VOL48

  • 投稿日:2012年8月2日

AOIA通信VOL48(みずがめ座・満月号

「夏本番 節電横目 五輪観る」(猛暑続く、夏の甲子園(×阪神)も)

(師匠最新作より)

2012年8月2日

連日の猛暑が続く中、いよいよロンドンオリンピックが開催となりました。日本の獲得メダル数は、金2、銀4、銅11の計17個(2日現在)で、獲得総数では現時点で中国・米国に次ぐ第3位。ただ、金メダルは、今大会初の金メダルとなった柔道女子57キロ級の松本薫選手、そして体操個人総合で、1984年のロサンゼルス具志堅幸司氏依頼28年ぶりとなる内村航平選手の二つと、やや期待外れ。お家芸の柔道での苦戦が誤算だったようです。北島選手の敗退も、悔しさの中にどこか重圧からの解放感のようなものも感じました。卓球の石川選手も、メダルにこそ手が届きませんでしたが、十分に結果を残してくれました。世代交代が進み、全体のレベルアップが図られていく過程では、いろんな試練が伴いますが、今後のさらなる成長・発展には不可欠。後半戦・団体競技にも大いに期待を寄せたいところです。

ところで、一般にオリンピックの開催期間中は、世界情勢も動意が薄いとされ、株価に影響を及ぼす事件が起きる可能性は低いようですが、今年は中東情勢がやや気になるところ。1984年のロサンゼルス以降、オリンピックの開幕前2週間、期間中、終了後2週間の日経平均の騰落率は、期間中の平均は+0.1%とほぼ横ばい。開幕前2週間はバブル経済の最中だった1988年のソウル以外は下落しているようで、1992年のバルセロナの7.7%下落等、平均すると2.3%の下落と2週間の動きとしてはキツイ下げ幅。今年も一時8500円を割り込み、やはり1.6%の下落となりました。終了後はまちまちのようですが、メダル獲得総数と株価の相関係数は0.7というデータもあり、今後の日本選手の活躍如何によっては、夏枯れ相場かサマーラリーか予断を許さないと言ったところでしょうか。尚、少し長期スパンで前後を見てみますと、1980年のモスクワオリンピック以降では、オリンピック開催に向けて景気が拡大するものの、開催年でピークアウト、開催翌年は成長が鈍化する傾向がみられるようです。モスクワ以降の8回のオリンピックにおいて、開催年より翌年の成長率が高かったのはモスクワと1996年のアトランタの2回のみ。さて今回のロンドンオリンピックはどうなる事やら??

「寝苦しき 夜ならばこそ 大声援」(同上)

景気や株価に好影響を及ぼすなら、多少の寝不足は我慢して頑張れニッポン!!

主な内容

1.AOIAホームページ全面リニューアルオープン!

2.AOIA講演会、セミナーのご案内

(第13回AOIA講演会開催内容決定!)

3.当面の海外視察スケジュール

4.お勧めの1冊

1.AOIAホームページ全面リニューアルオープン!

お待たせいたしました!ようやく全面リニューアルしたHPが完成いたしました。

http://www.aoia.co.jp

各種セミナー、講演会の御案内や、弊社アナリストのデータと小勝負氏や私自身のブログ・コラム等も日々更新してまいります。

今後は、動画配信等も準備中です。是非一度ご覧いただければと思います。

今回は本日リリース予定のブログから。

「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

201282日(木)長期的に日本が「脱石油」を迫られる原因とは?

by Dataと小勝負(AOIAアナリスト)

今年も日本にもいよいよ来ましたね。「暑~い夏」が。

エアコンのお世話になりたいところですが、やはり電気の消費量が気になります。

話は中近東に飛びますが、やはりあちらの酷暑は半端ではなく、一人あたりのエアコンによる電力消費量も、日本とは比べ物にはなりません。

あまり日本では知られていませんが、中東産油国は世界有数の子沢山の人口急増地帯でもあります。そして、発電の主力は石油火力発電所です。

ここから得られる結論は、「中東産油国の原油消費量が今後は急増し、原油輸出量は長期的には減少するのでは?」です。冗談のような本当の話です。

実際、2012年7月25日の日経新聞朝刊マーケット商品面には、この見出しがありました。

「サウジ、石油製品の高値追求 人口急増で輸出余力減る」

石油製品のアジア向け大手輸出国、サウジアラビアが高値を追求する姿勢を強めています。今年前半には石油化学原料のナフサ(粗製ガソリン)の日本向け割増金や液化石油ガス(LPG)価格を、過去最高に引き上げました。

実際、サウジは石油製品の輸出価格を相次いで引き上げています。ナフサのスポット価格に上乗せする対日割増金を、7~12月は前期比6割高の過去最高にしました。プロパンなどのLPGは需要期の2月積み価格が過去最高でした。川上の原油は2008年の最高値より3割強安かっただけに、消費国には驚きが広がっています。

サウジの動きの背景には、人口増加率が年2%前後と高く、国内で消費する石油の量が大幅に増えています。サウジの人口は現在の約2,800万人から、20年後には何と4割も増加する見通しです。乗用車や発電に使う石油の量も、人口に比例して増加します。

日本エネルギー経済研究所の試算によると、サウジの石油の自国消費率は、現在は2割強ですが、35年には5割弱にまで急上昇する見通しです。・・・・多過ぎます。

もちろん、サウジアラビアでも太陽熱発電や原発の建設に力を入れていますが、消費の伸びに追いつかないのが現実です。意外と技術面や安全保障面のハードルが高く、太陽光発電は雨が降らないと肝心の発電用のパネルが砂だらけになり、まともに発電できなくなってしまいます。

アジア経済研究所の福田安志研究員は「今後、石油製品の輸出量が限られるだけに、サウジは採算をより重視する」とみています。値上げには石油精製の収益基盤を固め、若者の雇用拡大につなげる狙いもあるようです。石油化学にも力を入れており、原料ナフサの安売りはしない公算が大きいのが、現状です。

一方、サウジの最大の輸出品目である原油は、イラン情勢の緊迫後に増産に踏み切るなど、消費国に配慮する姿勢が目立ちます。原油高が世界景気を冷やしたり、石油離れが起きたりするのを避けるためと、いわれています。

ただ、将来については専門家の見方が分かれています。サウジにある日本貿易振興機構(JETRO)リヤド事務所の元所長、前田高行氏は「財政収入を維持するためにも原油の生産量を増やし、輸出量の確保を目指すはず」とみています。

一方、前出の福田氏は「生産枠の拡大は石油輸出国機構(OPEC)加盟各国の合意を得るのが難しいうえ、数兆円かかる新規の油田開発には慎重なはず」とみています。もしサウジの原油の輸出量が減っていくなら、今後原油価格が高騰しやすくなります。

この様に、長期的に日本は「脱原発」と「脱石油」の両方への対応が求められているのが現実ですが、太陽光・風力・地熱などの自然エネルギーによる発電は、コスト高や不安定な発電量以前に、発電の絶対量が少なすぎるという課題に直面しています。

すぐに解決策は見つからないかも知れませんが、現在の仕事を通じて何かヒントがないかも、今後調べてみようと思います。

2.AOIA講演会、セミナーのご案内

———————————————————————
今後のAOIA講演会・セミナーのご案内
———————————————————————

○第13回AOIA講演会詳細決定!

テーマ:「債権格付けの意義と評価」

講師:日本大学 経済学部 教授 黒沢 義孝 氏

日時:2012年10月25日(木) 18:30-20:30

場所:泉ガーデンコンファレンスセンター

詳細はスタッフ通信にてお知らせいたします。

http://www.eco.nihon-u.ac.jp/professor/faculty/kurosawa_yoshitaka.html

○Innter FM レギュラーパーソナリティー 出演中

Inter FMの土曜深夜番組で、レギュラーとして出演しております!!

収録の模様や放送内容は、適宜HPにアップしていく予定です。お楽しみに!

その他のセミナー・講演会・勉強会詳細は、AOIAスタッフ通信をご参照ください。

3.2012年の海外視察予定

香港:8月14-17日(確定)

オーストラリア:8月26-30日(調整中)

4.お勧めの1冊 プラスおまけ

○AKB48でもわかる経済の教科書  仲俣 汐里/菅下 清廣  青志社

早稲田大学政経学部経済学科の現役女子大生のAKB48仲俣汐里さんが質問して、国際金融アナリストの菅下さんが答える対談形式の本。一部の内容(TPP等)には、ややツッコミたくなるところがありますが、全体としては分かりやすく、初心者がとっつきやすい本に仕上がっていると感じます。弊社の若手エースのS君も絶賛!早速娘に読んでもらおうと思ったのですが、「受験勉強が先でしょ!」だそうで。。。無事受かったら読んでね^^。

○新 東京いい店やれる店  ホイチョイ・プロダクションズ作品  小学館

ここで取り上げるべきかかなり迷いましたが、おまけならではという事で。。。伝説の前作から18年。待望の復活版。

「本書は紳士用ですので、淑女のご購読はご遠慮ください」とのことわりが。

なかなか唸らせます。

ただ、青春時代がバブル期後半と重なる我々アラxxx以上の年代の輩の感慨と興奮をよそに、現代の若者諸君にはあまり響かないようで。。。これも時代と言うべきか><

「ヘイジュードー しっかりせんか 審判団」(同)

柔道と言い体操と言いバドミントンと言い、今大会は判定を巡って話題に事欠かない大会ですね!明日からは陸上も始まります。寝不足はダイエットと頭髪の敵!皆様くれぐれも御身体ご自愛くださいませ。

次回は8月18日新月の夜にお届けする予定です。お楽しみに。

*************************************

〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-9-11 信和ビル7階

AOIA 株式会社

http://www.aoia.co.jp

リニューアルオープンいたしました!是非一度ご覧ください!!

info@aoia.co.jp

TEL:03-6273-3860   FAX:03-5777-6112

代表取締役

AOIAアカデミー学長

中田 裕

当メルマガは、AOIA株式会社が作成した情報提供のみを目的とする資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、信頼できると判断した情報に基づいて作成していますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース