人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

AOIA通信 VOL57

  • 投稿日:2012年12月30日

AOIA通信VOL57(かに座・満月号)

「吉凶は? 満月隠れる 大納会」

(師匠最新作より)

2012年12月28日

2012年最後の満月は生憎の雨模様。今年もいろんなことがありましたね。毎年恒例の今年の漢字は「金」。個人的には今一つしっくりきません。票もかなり割れたようですね。私の場合は、あるサイトによれば「楽」。振り返ってみますと、日々ものすごく忙しく大変でしたが、確かに楽しかった1年になりました。もっとも、この原稿を書いている時点でまだ年賀状は手つかず。年内に仕上げなければいけない案件も山積みで、「慌」というのが実感です。来年はどんな年になりますやら。AOIA流に先を読む力をフルに発揮し、

爽やかに

しなやかに

したたかに

行動する年にしたいと思います。

来年は巳年。あのマリー的には必ずしもよろしくない部分もありますが、デフレや混迷から「脱皮」する年であってほしいと思います。

主な内容

1.AOIA的10大ニュース 2012

2.2013年大胆予測

3.当面の海外視察スケジュール

4.年末年始お勧めの1冊+おまけ

1.AOIA10大ニュース2012

第1位:大納会1999年以来の高値引け

実に陽線高値引けというのは13年ぶりとのこと!大いに評価してよいと思います^^。

今年の相場を振り返ってみますと、まず今年1月4日大発会の日経平均の引値が8560円。そこから3月27日の1万0255円まで春先は堅調な展開。その後、下落に転じ、11月前半までは円高や欧州債務問題、さらには米国の「財政の崖」などが不安材料となり、軟調な展開になりました。ところが11月14日に野田佳彦前首相が衆議院解散を明言してから年末にかけては再び堅調な値動きとなり、アベノミクスへの期待感もあいまって、年初来高値を更新。昨年末大納会の引値8455円からは約23%の上昇となったわけです。

来年は巳年。アノマリー的には「辰巳(たつみ)天井」という格言があり、やや気になるところ。辰年は相場が強く、翌年の巳年にかけて天井を付ける傾向が多い、とされているもので、まさに辰年の今年は特に年末にかけて力強い相場となりました。とすると来年はどこかで天井に。。。。。この辺りは新年号で!

第2位:選挙

今年はロシアに始まり、フランス、中国、米国、韓国、日本と政治的な節目となる年になりました。新政権のご祝儀ムードはどの国でも長続きせず、待ち構える崖や落とし穴にどう立ち向かうか、来年は各国正念場の一年といえます。

第3位:笹子トンネルで12月2日、コンクリート製天井板が崩落

AOIA的には看過できない重大事件。第5回AOIA講演会でご講演いただいた『朽ちるインフラ』の著者根本教授の指摘されていたことが、正に現実に起こってきています。待ったなし!

第4位:京都大学教授 山中氏がノーベル化学賞受賞

第5位:ロンドン五輪、史上最多のメダル38個

第6位:東京スカイツリー開業

明るい話題もそれなりにありました。元気を持続させたいものです!

第7位:巨人が3年ぶり22度目の日本一

史上初の5冠達成の一方、松井秀樹選手が現役引退。イチローのヤンキースでの更なる活躍に期待しましょう。

第8位:名優逝く

大滝秀治、森光子、地位武男、中村勘三郎、ホイットニー・ヒューストン、尾崎紀世彦…

ご冥福をお祈り申し上げます。

第9位:平安時代以来の金冠日食

次は更に300年後!来年何が起きても不思議ではないですね。。。

第10位:株価と体重の相関発見!

恐ろしいくらい相関係数が高いです。先行指標として精度が上がれば。。。因みに10月の風疹発症後のボトムから上昇トレンドに転じ、年末に加速。現在年初来高値を伺う感じ^^。

来年はどのような年になるのでしょうか。

2.2013年大胆予測

まずは昨年の総括から。

昨年最後の通信で予測したのは下記の通りでした。

1.日本の政権交代。民主党の事実上分裂。

2.中国のソフトランディング。金融緩和、元安誘導の景気対策を最優先施策に

3.日本の大手金融機関救済統合。

4.米国共和党政権復活。露はプーチン返り咲くも、国内分裂。中東も含め世界的緊張高まる。

5.日本株1万円台回復、ドル円は100円台回復。金価格は2000ドル突破後急落。

1は年越しかと思いきや、年末に一気に実現。ハナマル!

2も、ハードランディングシナリオの大合唱にめげず、何とかソフトランディングで着地。来年は結構牽引車的な役割を担うことになる可能性もあるとみています。合格!

3は実現しなくてよかったです。結構ギリギリのところまでいってましたけどね。。。ハズレ。

4米国は明らかにハズレ。期待が先行してしまった感じです。プーチン動向は来年の台風の目になるかもしれません。中東情勢も引き続き要注意でしょう。半分○。

5は方向感はOK!為替のレベルは未達でした。金も概ね読み通りの動きとなりました。一応○。

トータルではまずまずではないでしょうか。

さて、来年。詳細の見通しは新年号に譲るとして、いよいよ3つのTYへのお金のシフトが加速する年になりそうです。

○日本の株価は1万2千円台回復後失速。米国は年後半史上最高値更新。

○世界的に長期金利が上昇に転じ、日本の国債金利は2%台へ上昇。

○ドル円は90円台定着、対豪ドルでは100円回復。

○AKB48解散。日本の古典芸能人気復活。一大ブームに。

○フォーチュンマップ受講者1万人突破!

乞うご期待!

3.2012年の海外視察予定

ロンドン:2月3-7日(確定)...既投資先のディユーデリと金融機関訪問。

スリランカ:2月下旬で調整中...投資予定先との打ち合わせ、市場調査。

どこかのタイミングで、香港・台湾が入る予定。

帯同希望される方はご一報ください。

4.お勧めの1冊

○金融の世界史 国際銀行史研究会編 悠書館

日本が長期にわたるデフレからなかなか脱却できない理由の一つは、実は金融機関が本来の役割を放棄し、ヘッジファンド化してきているという実態があります。歴史は繰り返す。歴史に学ぶところは多々あるのに、何故同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか?じっくりと年末年始の時間のある時に読むにふさわしい好著!続編が早くも待たれるところです。

静かな湖面に小石を投げると、波紋が少しずつ、しかし確実に拡がっていきます。しかし、嵐の中ではいくら投げても荒れた波に飲み込まれてしまうだけ。時の運を味方につける術を学ぶことの大切さを痛感する今日この頃。AOIAも来年で3年目を迎えます。個人投資家・アセットコンサルタントとの2足の草鞋を履きながらの学校運営ですが、来年はより一層私個人の持ち味を前面に打ち出して、スクール事業に取り組んでまいりたいと思っております。

私の好きな落語「芝浜」の主人公も、3年頑張って立派な魚屋の親方になりました。その頑張りを支えたのはおかみさん。やっぱりカミサンは古くなくちゃいけねぇな^^

おう、せっかくだ。もう一年辛抱してクレぃ。

本年もお付き合いいただきましてありがとうございました。皆様のご支援、心より感謝申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

次回は1月13日新月の夜にお届けする予定です。お楽しみに。

*************************************

〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-9-11 信和ビル7階

AOIA 株式会社

http://www.aoia.co.jp

info@aoia.co.jp

TEL:03-6273-3860   FAX:03-5777-6112

代表取締役

AOIAアカデミー学長

中田 裕

当メルマガは、AOIA株式会社が作成した情報提供のみを目的とする資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、信頼できると判断した情報に基づいて作成していますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。

当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース