人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

オフショア投資通信 (Vol.37)

  • 投稿日:2009年6月28日

オフショア投資通信(Vol.37)

今そこにある好機!!!国際分散投資

2009年6月28日

 

早いもので6月も下旬にさしかかり、折り返しの時が、近づいてきました。2009年上半期、皆様にとっていかがでしたでしょうか?

今回の新月は・・・

6月23日(火)  4:34 かに座 という場所で起こりました。 キーワードは

趣味・コレクション・家庭・ロマンス・娯楽

来月はいよいよ皆既日食が見られるようですね。

  

入梅後、意外に晴れ間が多く、真夏日を記録するような暑い日が続きました。世界の金融市場も、一旦入梅宣言よろしく、分かりやすい調整局面入りを迎えておりますが、そろそろ次なるステージに向けてエネルギーが蓄積されてきているようです。テクニカル的にも、今週の動きが次なるトレンドの口火を切るような状態にあるようです。

株価については、一部のお客様には秋に向けて一旦持ち高を軽くするようアドバイスいたしました。特に、先進国の株価は、今後の経済指標に一喜一憂しながら、期待と現実のギャップを埋めに行く動きになると思います。為替についても、ざっくりといえば、ここしばらくは

材料で売られ(ドルが)、需給で買われる

展開となっており、持ち合い相場が続いています。イラン、北朝鮮、イスラエル、ロシア周辺の国際情勢も波乱要因として引き続き注視しておく必要があります。

■   主な内容

1.       連載企画:機関投資家と個人投資家(その4)

2.       ファンド情報

3.       セミナー情報

1.連載企画:機関投資家と個人投資家(その4)

○パフォーマンスのジレンマ

機関投資家と個人投資家の時間軸の違いについて述べてまいりましたが、我々アドバイザーの頭を悩ませる問題が現実にはたくさんあります。5年、10年後のゴールに向けた長期運用を目指していても、毎年のパフォーマンスはやはり気になるものです。順調に資産残高が増えていれば良いのですが、場合によっては、一時的に大きく目減りしてしまうこともあります。

また、一括投資か積立投資かによっても、最適な投資選択の答えは全く違ってきます。

添付のチャートは2種類のファンドの10年間の基準価格推移を示しています。投資開始時の基準価格はファンドA、B共に1ドル。ファンドAは毎年順調に値上がりし、10年後の基準価格は3ドル、当初の3倍。一方、ファンドBは、5年間下がり続け、一旦0.5ドルと半分の基準価格まで売られた後、10年目に漸く当初の基準価格1ドルに戻ってきたファンドです。

あなたがもし機関投資家の運用責任者であったなら、どちらを選びますか?(ここでは便宜上1ドル100円の固定レートとします)

個人投資家の場合も、今手元にある100万円を一括でどちらかに投資するなら、迷わずAを選ぶでしょう。毎月、毎年の運用報告書には、常にプラスのパフォーマンスが示されていて、10年後には運用残高は300万円になっているはずです。

一方、積み立て投資を行う場合はどうでしょう?やはりファンドAの方が良いでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは既にチャートの中に出てしまっているのですが、正解はなんとファンドB!ファンドAに比べて約2倍の運用残高になります。実は、これが、機関投資家では許されない、個人にしか出来ない究極の投資法の一つなのです。

実際には、一括投資でファンドAに投資するのと、積み立て投資でファンドBに投資するのを上手く組み合わせたポートフォリオを構築することで、リスクを分散しながら効率的な運用が可能になるわけです。

機関投資家は、下がり続けるファンドに投資し続けるだけの時間的余裕が与えられていません。また、一時的にマイナスのパフォーマンスを余儀なくされるため、成功報酬等の手数料が取れなくなってしまいます。したがって、ほとんどのアドバイザーは、積み立て投資のポートリオにおいても、ファンドAを勧めてしまうのです。10年後のゴールに対して、結果的に利益相反になるようなアドバイスをしてしまう、あるいは出来ないアドバイザーが如何に多いか!!

インターネットや書籍で「積み立て投資」のノウハウを解説する物は多いのですが、ドルコスト平均法の本当の強みを理解して、解説しているものはほとんど皆無といってよいでしょう。残念ですが、これが現実です。

次回は、長期保有と長期投資について考察してみたいと思います。

2.ファンド情報

○ FX Concept 社 Global Currency Fund

 

為替、金利、債券の運用に携わったことがある方にはおなじみのFX Concepts 社。パフォーマンスは彼らの提供する、通貨取引に特化したGlobal Currency Programにリンク。

ターゲットリターンは年率12-14%、ボラティリティーのターゲットは11-13%です。

このファンドはUCITS III、ルクセンブルグに上場しており、日次約定が可能です。

株価や金利との相関も低く、ポートフォリオの分散という観点からも面白いファンドだと思います。高い流動性と透明性は、これからの鍵になってくるでしょう。

最低投資金額は1,000 Shareとなっていますが、USD 10,000 相当からの受付になると思います。

3.セミナー情報

また7月はもう一つ。以前ファンド情報でご案内したVAM Funds (LUX) 社も予定しております。

 

内容:

講師: VAM FUNDS (LUX)社

? Vam FundsとDriehaus Capital Management LLC社について

?直近の状況と今後の運用見通しについて

?質疑応答

日時:

東京会場  東京都港区内
日時:平成 21 年 7月 30日 (木)

午後  19 時~ 21 時 予定

会場:

会場につきましては、お問い合わせの方へ弊社より連絡させて頂きます。

費用:

費用につきましては、お問い合わせの方へ弊社よりご連絡させて頂きます。

定員:

若干名

 

私のオフィスは日比谷線の神谷町にあります。東京タワーの最寄り駅なので、外でタバコを吸っていると、ほぼ毎日

「東京タワーはどうやって行けばよいですか?」

と尋ねられます。実際に、ガイドブックや駅の案内の指示通り、一番出口から地上に出てみると、いくら辺りを見回してもそれらしい姿が全く見当たらないのです。心配になって尋ねる気持ちはよく分かります。あまりにも近すぎて、かえって目標が見えなくなってしまい、ものすごく不安な気持ちになってしまうんですね。最近メタボ対策もあって、朝はオフィスの一駅手前から歩くようにしているのですが、少し離れた六本木や虎ノ門辺りの駅からですと、はっきりと東京タワーの姿が目に入ります。一旦方角が確認できれば、途中で視界が遮られても自信を持って迷わず東京タワーを目指すことが出来ます。たまには最短距離の行程だけでなく、ぶらっと寄り道しながら脇道に逸れてみるのも悪くないものです。思わぬ発見があったり、幸運にめぐり合えるかもしれませんよ。

 

わが娘にも、たまにはこういう話もしなければと思いつつ、お笑い番組ネタでお茶を濁して苦笑い。わき道に逸れ過ぎるのも問題ですね。ハイハイ誰かさんのセミナーみたいだねって。。。反省^^

 

次回は7月7日(火)、ぞろ目の満月の夜にお届けします。

 

では私個人のHP「オフショア投資の散歩道」http://www.offshoretoushi.com/

も併せて次号もお楽しみに。

*************************************

中田 裕

国際フィナンシャルコンサルタント、海外投資アドバイザー

株式会社 メイヤー・アセットマネージメント

105-0001東京都港区虎ノ門5-11-13 虎ノ門RICHビル3F

TEL 03-5777-1071(内線 2006)

FAX 03-5777-1072

email: hnakada@meyerjapan.com

www.meyerjapan.com


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース