人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

5月13日に向けての、日経平均・為替 【週間予想】

  • 投稿日:2013年5月8日

こんにちは!

AOIA(株)の森 渉瑠です。
それでは、今週も早速予想してみましょう!(5月8日現在)

【先週から今週の日経平均チャート】

(出典: ヤフーファイナンス)

【指標の数字】
■ 日経平均
(先週予測)  13,600円
(今日の値段) 14,245.09円
(来週への予測) 14,500円

■ 米ドル円
(先週予測)   97円
(今日の値段)  98.94円
(来週への予測) 98円

■ ユーロ円
(先週予測)   126円
(今日の値段)  129.38円
(来週への予測) 130円

■ 豪ドル円
(先週予測) 100円
(今日の値段) 100.61円
(来週への予測) 102円

【予想のポイント】
■ 米国、雇用統計の数字は良かったが、失業率は依然として、伸び悩んでいる。(7.5%~7.6%)
■ 米国債市場では、長期金利上昇を受けて売りが先行した。他方、日本銀行が長期国債の買い入れを実施しそうだ。
■ 豪連邦準備銀行(RBA)は7日、政策金利を0.25ポイント引き下げ、史上最低水準の2.75%にすると発表した。

【シナリオ】

先週の振り返りからいきます(^^)

先週、5月3日(金)に米国の雇用統計が発表になりました。
ここでも雇用統計も悪いか横ばい、と予想し、
雇用統計も下がり、株価も下落と予想しました。

しかし、雇用統計は予想よりかなり良く、
予想は大きく外れました。

以前、お金の学校事後教材でも、
『ゴールデンウィークに大きな動きがある。』と書きましたが、
それが起こったという事ですね。

・・・

さて、今週から来週にかけてですが、
雇用統計の数字が良くても、その勢いが続くのは、一週間ほど。

逆に、米国は失業率がまだ高く、根本的な解決には、
また至っていないようですね。

また、大きなニュースとして、オーストラリアの中央銀行が、
利下げを行ったということが大きなニュースになっています。

オーストラリアは現在、先進国諸国でも最高水準の格付けであり、
経済状態が良い時も、悪い時も、お金が流れるようになりました。

そして、お金が流れて豪ドルが高くなると、
輸出に強みがあるオーストラリアとしては、
利益を出しにくく苦しかった、という現状がありました。

市場は横ばい予想だっただけに、利下げが行われ、皆驚きました。

<連想ゲーム>
・オーストラリアには、経済が良い時にも悪い時にもお金が流れる ⇒
・豪ドルが買われる ⇒
・豪ドル高 ⇒
・買った豪ドルで豪州国債を買う ⇒
・豪州国債の価格が上がり、金利下落

最後に、今週から来週にかけては、株価上昇の余韻があるでしょう。

そして、注目ポイントは、豪ドルの動き。

そこを抑えつつ、また来週!

(経済の先行きを予測する力を高める、
プロから、学ぶお金の学校のお申し込みはこちらから!)

【※】当記事は、AOIA 株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当 資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載 している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ない し保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る 変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース