人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2014年6月2日(月) 黒田日銀総裁の今後の円相場の見通しはやや意外な結果に・・!!

  • 投稿日:2014年6月2日

こんにちは、AOIAフェローのDataと小勝負です。

今回は、あなたも気になっている「今後の円相場の見通し」について、一緒に確認してみましょう。

あの重要人物が、為替相場について、驚くほど率直な発言をしました!

「為替で資産を増やしたい」方には必見の、重要ニュースです。

本ブログは、今週公開予定のAOIA会員向けニュースレター「週刊先読みダイジェスト第38号」の一部を、再編集したものです。

2014年6月2日(月) 「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

日本からの外債投資がゴールデンウィーク頃から増え出している。

中長期債の買越額は4月最終週からの3週間で2.6兆円にのぼった。

昨年4~6月は月2兆円強の売り越しだったから、様変わりである。

生命保険会社など機関投資家が動き始めたようだ。

生保大手9社のうち7社は2014年度の資産運用で外債投資を増やす方針である。運用の中核である国内債の利回りが低下し過ぎたので、資金を国外に向けざるを得なくなったと判断した。

米連邦準備理事会(FRB)が金融の量的緩和を縮小するさなかに、10年物米国債の利回りは5月に入り、一時節目の2.5%をも下回った。

何のことはない。日本の異次元緩和による外債投資も一役買っていたはずだ。

ところが外国為替市場は、米長期金利の低下を円高・ドル安の材料と受け止めた。

米金利低下の背後には日本からの外債投資があるのに、十分織り込まれていない。

米金融緩和の縮小に伴い、米金利が上昇すると話は別だ。

ヘッジのコストが増してくるので、生保は外債投資のヘッジを解消する。

そうなると、外債投資が円売りに直結する。「円高になる理由はない」いう黒田東彦日銀総裁は、この辺の事情もにらんでいるのだろうか?

黒田日銀総裁が「円相場は今後も上昇する理由見当たらない」と重要発言!

先月、日本銀行の黒田東彦総裁はウォール・ストリート・ジャーナルの独占インタビューで、円が主要通貨に対して上昇する理由はほぼ見当たらないとの見解を示し、国内経済や日銀のデフレ対策に影を落とす可能性のある更なる円高に懸念を表明した

黒田総裁は、米国経済が「極めて順調に回復」しており、日本より堅調であるため、円高にはならないはずだと指摘した。

「こうした状況下で、円高・ドル安が進むと考えるのは筋が通らないと思う」と述べた。

黒田総裁はさらに、日銀が物価目標を達成した後、緩和策を解消すべき時期が来ても円高にはならないとみていることを明らかにした。

「そうした状況でも、円高が進むとは思わない」と語った。

総裁はまた、2008年の金融危機以前と比べ、円はユーロに対して「まだかなり強い」と語った。

日銀の積極的な緩和策を主な背景に、ユーロは円に対してこの2年間で約50%上昇しているが、140円前後という現在の水準は、危機前の169円を大きく下回っている。

為替政策は日銀ではなく財務省の所管だが、為替相場に及ぼす金融政策の影響に世界各国の当局者がますます目を向けているため、黒田総裁の発言は大きな重みを持つ。

また、黒田総裁は1999年から2003年まで財務官として通貨政策を担当していたため、この分野に精通している。

この様に、日本円よりもドルなどの外貨の方が、じわりと価値を増しつつある。

円安でガソリンや電気、食料品、パソコンなどの輸入インフレが進行中の現在、ますます価値を増していく外貨を持つ事は、意外と現実的で堅実な生活の知恵なのだ。

「外貨が価値を増しそうな事は分かった。無料でFXについて、ちょっとだけ知りたい」という方には、以下のイベントがお勧めです。

実はそれ以外の方法で、外貨で儲けるヒントになりそうな特別な無料プレゼントも今回差し上げますので、最後までお読みいただければと思います。

今週の「FXトレード実践講座 無料ガイダンス」は、以下の通りです。
日時:2014年06月04日(水) 19:00 ~ 20:30
場所:東京都港区虎ノ門
詳しくはこちら。http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=1164

ダイヤモンドオンラインの「1億稼ぐ投資術」に関する記事のURLは、こちらです。
中味は大規模で本格的なアンケート結果を基にしたレポートの様なものです。

http://diamond.jp/articles/-/53640

実は弊社AOIAの先週のニュースレター「週刊先読みダイジェスト第37号」の内容も、かなり似ています。
今回に限って希望者全員に特別にプレゼントしますので、ご興味ある方は下記URLをクリックすれば、無料ですぐに読めます。

何と登録作業不要です♪
https://argo-navi.net/ju/url.aspx?c=s82wivysqo08cx3vye9u

ニュースレター「週刊先読みダイジェスト第37号」の主な内容は以下の通りです。
・日本企業の300兆円超の内部留保はどこへ!?
・投資で失敗する人の実態が判明!!
・あまり頼りにならないヘッジファンド
・意外な威力を発揮する、長期投資の必勝法
・最近の投資信託やREIT(リート)について
何と、私が実際に購入中の米REIT投信の解説付きです。先週追加購入しました♪
「とりあえず欲しい」方も歓迎です。こちらのURLをどうぞ。
https://argo-navi.net/ju/url.aspx?c=s82wivysqo08cx3vye9u

『最近のマーケット情報や、実用情報を知りたい方はこちらをクリック』
https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=3

今回は、以上になります。

【※】当ブログ記事は、AOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース