人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2014年2月12日(水) NISAのライバル確定拠出年金(DC)の使用上の注意点とは?

  • 投稿日:2014年2月12日

こんにちは。Dataと小勝負です。昨年10月後半に私は、AOIA会員様向けに、あるメルマガを書きました。割と自分の考えを出しがちな私にしては、良い意味で個性を消し、実用的なものを書けたと思っています。それがこちらですので、まだお読みでないAOIA会員様は、このブログを読んだ後に、気になる様でしたらご参照ください。

AOIA先読み通信VOL11

「NISA(少額投資非課税制度)+確定拠出年金(DC)大特集号」

2014年2月12日(水) 「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

実は意外とリスクが多い、確定拠出年金(DC)

「公的年金だけでは老後が不安です。会社に企業年金がないので税制面のメリットが大きいと聞いた個人型の確定拠出年金(個人型401k)を始めようと考えています。注意すべき点はありますか?」

こういったお問い合わせは、金融機関だけではなく、AOIAの様な投資教育のスクールにも、当然あります。今回は、細かい話は抜きにして、特に重要と思われる事を、お話します。

優遇制度を活用して老後の資産形成を考えるのは良いことですが、デメリットも押さえておく必要があります。個人型401kは自営業の人や企業年金がない会社員にとって魅力的な制度ですが、注意点を確認しておきましょう。

確かに個人型401kには掛け金の拠出時、運用中、受給段階と3段階で税制優遇があります。

節税効果と利益再投資による資産増加の面だけを考えると、出来るだけ若いうちに加入し、可能な限り掛け金を払って投資額を増やした方が良いのは確かです。

しかし将来の転職の可能性を考えているなら、慎重な検討が必要です。

転職先に企業型401kがあれば個人型401kの資産をそこに移せますが、確定給付型企業年金など他の企業年金である場合は、資産を移せません。個人型401kの加入資格を失い、追加拠出(支払い)もできなくなります。転職して公務員になったり、結婚して専業主婦になったりした場合も同じです。

また突然の入院や災害などで急に多額の現金が必要になったとしても、個人型401kは1度加入すると原則60歳まで払い戻しが認められません。

資格を失った人が脱退して一時金を受け取れるのは通算拠出期間が3年以下または資産額が50万円以下などの条件があります。

このように追加拠出(支払い)できない、あるいは失業して掛け金を拠出できない場合は、それまでの資産の運用を指図する「運用指図者」になりますが、節税メリットは大きく減ります。それだけでなく、契約している金融機関に年2000円~7500円ほどの、口座維持手数料が必要です。

下手すると、赤字になるのです。

もう一つ老後に備える手段として、自営業者の人達などが国民年金に上乗せするための制度である、国民年金基金があります。

こちらも掛け金が所得から控除され、老後に年金として給付される時も、税の優遇があります。しかし、万が一年金を受け取る前に亡くなった場合は、遺族一時金が払込総額を下回る場合があるので、注意が必要です。

もう一つの弱点は、「長期固定型の利回り計算」で将来の年金額が計算される事ですが、今後年率2%以上のインフレが続くと、実はインフレによる価値の下落を考えた実質的な受取額は、これまた赤字になり易い、微妙な制度なのです。

個人的にはあまり、魅力を感じません。

1ドル100円前後の円高時に米ドルでも買って、1ドル105~110円以上の円安になったら、円よりは価値が高まった米ドルを円に戻した方が、まだ経済的には有利な方法かも知れません。

個人型401kも国民年金基金も、条件を満たしながらいまの職場で働き続ける事が暗黙の前提の、税優遇制度なのです。これに魅力を感じるかどうかは、正直なところ、人それぞれでしょう。

その一方で少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)は、より手軽に短期間、投資で利益が出た場合に税金を免除されるというのが、最大の魅力です。転職で職場を変えても、経済的には不利にはなりません。

女性も含めて転職の可能性があるお仕事をされている方は、NISA (少額投資非課税制度)は現実的な選択肢になりそうです。

結論としては、税金を免除された「投資による資産形成」をお考えの方は、まずはいまの職場で一生勤務する可能性がどれほどありそうかを、じっくりと考えるべきだという事に、なりそうです。

【AOIAの無料メルマガ登録】
▼最近のマーケット情報や経済ニュースなどのお役立ち情報を、お届けします。

AOIA会員様限定公開のメルマガや本ブログの「とっておきの情報」も、一部ですがご紹介する時があります。

https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=3

ところで私は、来月ある興味深いAOIAのイベントに出席する予定です。

満員御礼で募集枠を増やしました。

「資産形成の学校 3周年記念パーティー&特別ゲスト講演」

景品はハワイ旅行など豪華で、飲み放題。ゲーム参加者には「参加賞」が必ず当たります!!
ゲストは角川総一氏やランケン氏、鍋山徹氏《テレビ東京のニュース番組「ワールドビジネスサテライト」に、頻繁に出演中》など、これまた実力派の大物達です。スペシャルゲストの参加も、調整中です。外為証拠金取引(FX)のお話もあります。
鍋山徹氏にご興味ある方は、こちらをどうぞ。
http://tvtopic.goo.ne.jp/cast/cid/226179/0/0/1.html

その割には高くありません♪ 一般の方は3,000円、2名以上ご参加ならおひとり様2,000円です。

日時:2014年3月15日(土)11時~14時
場所は東京都渋谷駅近くです。

どなたも、ご参加いただけます。ご友人などをお誘いの上、お気軽にお越しください。
【定員】限定80名 ※満員御礼にて募集枠を増やしました

詳しくはこちらです。 https://www.facebook.com/events/1419510698293174/?source=3&source_newsfeed_story_type=regular

お問い合わせ先は、こちらです。info@aoia.co.jp

今回は、以上になります。

【※】当ブログ記事は、AOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース