人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2014年1月31日(金) 東京都が都民に提供する難病治療費助成金制度とは?

  • 投稿日:2014年1月31日

こんにちは、AOIAフェローの、Dataと小勝負です。

私はお得情報も結構好きなので、助成金(補助金)にも、関心があります。少し調べてみたら、実用的なものが見つかりましたので、ご紹介します。

私はなぜか代表の代わりにAOIA会員様限定公開のメルマガも書いていますが、次回のお得情報では『とびきりお得な「ふるさと納税」とは(仮題)』について、書く予定です。これがまた意外とおいしいのです。

本ブログは、今週AOIA会員様に送るメルマガの一部を、再編集したものです。

2014年1月31日(金) 「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

新企画の各種お得情報の紹介コーナーです。第一弾は都庁独自の難病医療費助成制度の概要のご紹介です。正式名称は「東京都難病医療費等助成制度」です。

難病等の生活上のご事情がある方は、こうした自治体の助成制度などを確認した上で、お住まいを決めると良いでしょう。広い意味ではこれも、不動産関連情報です。

主な情報源は、都庁ホームページの東京都福祉保健局のページです。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/nanbyo/nk_shien/iryohi/index.html

1 対象者、以下3点を満たす必要があります。

1 東京都に住所を有する方(住民登録がされていること)。

2 国民健康保険や組合健康保険など、公的医療保険に加入している方。

3 下表の医療費等助成対象疾病にかかっていて、各疾病の認定基準を満たしている事。

上記1から3を満たす方であっても生活保護やその他の法律による医療の給付を受けている方は、対象外となります。また、一部の疾病について、小児慢性疾患での医療費助成の対象となる場合は、対象外となります。

2 対象疾病

医療費等助成疾病は、国が指定している疾病と、東京都が単独指定している疾病があります。

例えば劇症肝炎なら、助成金等の重要情報は、以下の通りとなります。

疾病情報

国指定難病医療費等助成対象疾病 疾病番号18
(重症認定申請不要)各種健康保険が適用される医療費の自己負担分を全額助成。
助成期間は原則6か月以内。

ご興味ある方は、以下のURLをクリックすると、助成金対象の病名の一覧等がありますので、ご参照ください。手続方法、申請先、申請に必要な書類などの重要情報も、分かります。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/nanbyo/nk_shien/iryohi/index.html

お問い合わせ先は、こちらです。

東京都福祉保健局

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
電話:03-5320-4032 FAX:03-5388-1400

========================================

【 AOIAの無料メルマガ登録】
▼最近のマーケット情報や経済ニュースなどのお役立ち情報を、お届けします。

AOIA会員様限定公開のメルマガや本ブログの「とっておきの情報」も、一部ですがご紹介する時があります。

https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=3

今回は、以上になります。

【※】当ブログ記事は、AOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース