人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2013年7月8日(月)「日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が示唆する日本株の波乱

  • 投稿日:2013年7月8日

こんにちは。Dataと小勝負です。
ペンネーム通りで、分かりやすいデータが好きです。
真面目にこれを調べると、それなりに予測が当たるようになって行きます。

201378日(月) 「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

2013/7/5の日経電子版オリジナル記事を見ていたら、以下の気になる見出しがありました。
「日経平均大幅高でも消えぬ波乱予想」
市場が織り込む今後の日経平均株価の値動きの大きさを示す「日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)」が異例の高止まりを続けています。5月23日の相場急落以降、波乱の警戒水準とされる30を超えた状態が定着し、5日も34.42と高水準が続きました。6月下旬から相場は持ち直し、取引時間中の値動きの荒さは落ち着きつつあります。それでも消えないサインは、「5.23」を経た日本株の構造変化を物語ります。

VIは日経平均オプションの取引価格から算出する指数で、予想変動率とも呼ばれます。条件が一定なら、オプション価格が上がるほどVIも上昇します。

仕組みはこうです。オプション取引では一般に相場の動きが大きくなるほど買い手がもうかりやすくなります。「売る権利」のプットを例に取ると、「1万2,000円で日経平均を売る権利」を買った投資家は、株価が急落すると利益が得られます。コールの場合は逆に株価急騰時に利益を得やすいのです。

VIにはプットと「買う権利」であるコールの両方の価格が反映されます。「上下どちらかに大きく相場が動くかもしれない」と予想する人が増えれば、オプション価格が上がり、VIも上昇します。今はコール、プットともに価格が高めで、上下両方に振れる可能性を市場は織り込んでいます。

今のVIの高止まりは2つの点で異例です。

まず期間の長さです。5日までで「30超え」は32営業日を数えます。これほどの長期化は2008~09年の金融危機以来の事です。11年3月の東日本大震災や同8月の米国債格下げをきっかけとした世界連鎖株安の時でも「30超え」は十数営業日しか続いていません。

もう1つの異例さは、日本株の突出ぶりです。同じ仕組みの米国の「VIX指数」は現在16前後。6月下旬に一時的に跳ね上がった欧州株や香港株の予想変動率も足元で20台前半まで低下し、「平時」に戻っています。

証券会社のあるオプショントレーダーは「海外投資家の間に、5月の急落で『日本株はときに乱高下する』という新常識が定着してしまった」とみて、日経平均VIの高止まりは長引くとみています。確かに、オプションの8月物や9月物の価格形成もみても、コール、プットとも織り込んでいる変動率は、高めのままです。

「VIの高さは、日本株の人気の高さの裏返し」と説明するのは、BNPパリバ証券の丸山俊日本株チーフストラテジストです。値動きの激しさは、短期的な相場変動に乗じるヘッジファンドには好機になり得ます。コール、プットとも価格がなかなか下がらないのは、それだけ買い需要があるからです。上下どちらに振れるにせよ、日本株の動きへの関心が高い証拠」(丸山氏)という訳です。

「乱高下アリ」という見方がなかなか消えない日本株。
投資家心理の目安としてVIをチェックする市場関係者は多いのです。表面上は落ち着いていても、「5.23」の余波はまだ続いています。

これを「チャンス」とみるか、「リスク」と感じるかは、まさに人それぞれでしょう。

別の視点から日本株の現状と今後の見通しについて学びたい方は、『第16回AOIA講演会 講師:川北 英隆氏』 をどうぞ。私も出席します。講師は先月、日経電子版にインタビュー記事を発表した、日本株に詳しい京都大学大学院の川北英隆教授です。詳細は・・・
http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=713

参加費:AOIA会員様:無料

一般の方 事前支払い 3,000円、当日支払い 3,500円(現地支払い)
申し込み手続きは下記URLをクリックすると、始められます。

https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminarApplication.aspx?gId=1&sId=1&eId=713
上記イベントご出席の方は希望された場合、弊社の最新メルマガのPDFファイルを無料で差し上げます。

メルマガ名 AOIA先読み通信VOL5

「金利上昇と中国減速でも意外と堅調な日米の投資環境について」

以下は、主な内容です。

1、最近の世界の投資環境の特徴について  意外と、チャンスがあります

その1 ユーロ安米ドル高傾向が当面続きそうです

その2 減速傾向の中国経済

その3 中国の内需の目安の自動車販売は、今のところ好調です。

その4 ただし、中国の債券市場は急激に縮小中です。

その5 勝ち組は結局、米国株でした

2、米国の投資環境は、意外と堅調      不動産も株式も伸び代があるようです

その1 金利上昇下でも意外と堅調な米住宅業界

その2 米国の土地購入も、場所と開発業者によってはチャンスがあります。

その3 経済力が回復した米国では株式も、これから期待できそうです

その4 しかし、ヘッジファンドは相変わらず苦戦中です・・・・

3、日本株の投資環境も、希望が持てます  円安なら有望な業界をまとめてご紹介

その1 それほど悪くない日本株投資環境、外国人の日本株投資も再び本格化か

その2 円安なら有望な業界を一挙公開!

その3 凄腕の日本株私募ファンドは自動車部品業界に注目

ご興味ある方は、以下の連絡先までご相談ください。

TEL. 03-6273-3860 FAX.03-5777-6112  メールアドレスinfo@aoia.co.jp

今回は、以上になります。

【※】当ブログ記事は、AOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース