人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2013年7月1日(月)金の黄昏と米ドルの復活

  • 投稿日:2013年7月1日

こんにちは。今年の初めごろから何度も、「2013年は金と債券が値崩れしそうなので、換金売りをすると安心でしょう」と、AOIAのメルマガなどに書いて来た、Dataと小勝負です。どうやらいよいよ、「金の黄昏と米ドル復活」が、本格化したようです。当分この状況は、変わらないでしょう。「有事の金」と言うように、金ブームの時は世界規模で経済や金融などに不安材料が多いので、冷静に考えれば良いニュースでもありますが、まとまった金額の金をお持ちの方は、思案のしどころでしょう。

201371日(月) 「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

2013年6月28日の日経朝刊1面には、以下の見出しがありました。

「金、マネー流出続く 新興国変調やドルへの回帰 銅・白金も大幅安」

国際的な安全資産とされる金の先物相場が急落しています。2011年のピーク時から4割近く下がり、2年10カ月ぶりの安値圏です。中国など新興国の需要が振るわず、プラチナ(白金)や銅なども大幅安となりました。金融危機後の低迷を抜けつつある米国が量的金融緩和の縮小を探り始めたことで、国際商品へのマネー流入が転機を迎えているのが、大きな理由です。

金の上場投資信託(ETF)からの資金流出も続きます。長期運用の資金が多いにもかかわらず、SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアの純資産残高は約970トンと、昨年末から380トン(28%)も、減りました。通貨の代替といわれる金の需要が、明らかに変化しています。

金だけではなく、銅やアルミニウムなどの国際商品相場はそろって3~4年ぶりの安値を付けています。市場では「2000年代からの国際商品の高騰時代が終わった」との見方が、台頭しています。

背景には高成長を続けてきた新興国の変調があります。例えば、金の世界需要の約3割を占める中国。景気回復局面ではありますが、個人消費も生産活動も勢いがなく、足元では金融リスクがくすぶり、輸入は減少、輸出の伸びもほとんどゼロです。

米景気の本格回復への期待も、国際商品からのマネーの流出につながりました。18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米景気回復と量的緩和の年内縮小が確認されてから、商品相場の下落に拍車がかかったのはそのためです。

世界がリーマン・ショックと欧州債務危機にさらされた08年以降、日米欧の金融緩和で金融市場にはマネーがあふれ、その一部は国際商品市場に流れ込みました。米量的緩和の年内縮小は、危機対応の「終わりの始まり」といえます。米国経済の本格回復と緩和マネーの収縮が予想されるなか、資金は国際商品から基軸通貨ドルへと向かい始めているのです。

6月27日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、節目の1万5000ドル台を約1週間ぶりに回復。金先物相場は時間外取引で節目の1200ドルを一時下回り、約2年10カ月ぶりの安値を付け、明暗を分けました。米連邦準備理事会(FRB)幹部の発言を受けて、量的緩和が早期に縮小するとの懸念がやや後退し、幅広い株式の銘柄は買われましたが、金相場は下げ止まらず4日続落です。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である8月物は前日比18.2ドル安の1トロイオンス1211.6ドルで終えました。

ニューヨーク市場の金先物が28日の時間外取引で一時1トロイオンス1179ドルまで下がった流れを受け、東京市場の金相場も大幅に下落しました。東京商品取引所の金先物価格は取引中心の2014年6月物が28日午前、一時1グラム3750円と前日比165円下落し、11年3月以来2年3カ月ぶりの安値をつけました。

この結果、11年9月には1900ドルを超える水準まで上昇した金相場は、ピーク時から4割近く値下がりした事になります。12年までは12年間連続で上昇し「100年に一度の大相場」とも言われ金の売買は大ブームとなりましたが、上がり過ぎたものはいつかは下がります。現在貴金属で価格や需給バランス面で奮闘中なのは、パラジウムくらいです。これは自動車の排気ガス触媒用に結構な需要がありますが、中国を中心とする世界の自動車の生産・販売状況次第で、今後の人気や価格はかなり大きく左右されそうです。

つい最近まで一応は続いていた新興国ブームですが、人口面や金融状況などに恵まれ、あまりにも短期間に急発展してしまい、折からの世界規模の金余りによる投機資金の絶好の投資先ともなり、貴金属も含めたコモディティー(商品)の価格が急騰しすぎました。コモディティー(商品)今後の需給バランスや価格の推移は、一般の方が思っているよりも、かなり厳しいものになる可能性は決して低くはないだろうというのが、投資の世界のプロ達の見方です。

当面は、REITや株式なども含めて、別の有望と思われる資産に投資されるか、現金のまま持って様子見に専念するのも、悪くはないと思います。

なおAOIAでは、私が会員向けに書いているメルマガも含めて、金とは何か、為替はどの様に決まるのか、株価を左右するものは何かなどについて、かなり力を入れて説明を繰り返しています。最近は中国の経済や金融の変調が日本の株価も振り回し始めていますが、これも本格化する前に私が予測し、メルマガでは指摘済みです。

AOIA会員様は社長の中田や私が書いたメルマガのバックナンバーを、追加負担なしでお好きなだけお読みになれます。今月は社長の中田自身が講師を務める無料セミナーもありますので、ご興味ある方はどうぞ。特別プレゼントとして、以下の一覧表のメルマガ等の資料を1部だけですが、無料でPDFファイルで差し上げられると思います。

社長の中田裕自身が講師を務める無料ガイダンス(無料セミナー)は、こちらになります。

日時:2013年07月10日(水) 19:00 ~ 20:30

http://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicSeminar.aspx?gId=1&sId=1&eId=689

ご興味ある方は、以下の連絡先までご相談ください。

TEL. 03-6273-3860 FAX.03-5777-6112  メールアドレス:info@aoia.co.jp

住宅関係 J-REIT関係 投資信託(投信)関係 その他

初心者~上級者向け

①無料イベント参加者向け お金の世界から見た賢い住宅の売買の方法について

初心者~中級者向け

②AOIA無料イベント参加者様向け特別プレゼント J-REIT関係

※AOIAブログ再編集版です

初心者~中級者向け

③「(超)一流日本株投信の簡単な見つけ方について」

※AOIAブログ再編集版です

初心者~上級者向け

④AOIL通信VOL18 日本の投資信託の課題とあるべき姿を考えるー前半

⑤初心者~上級者向けAOIL通信Vol29「アベノミクス」大特集号

⑥やや上級者向けAOIL通信VOL21  世界銀行と大和証券の大型コラボイベント「グリーンボンドとマイクロファイナンスの正体」

⑦やや上級者向けAOIA先読み通信VOL1

「ETF(上場投資信託)、米経済、中国経済・乗用車特集号」

⑧初心者~上級者向けAOIA先読み通信VOL2

「金利上昇リスクと各種金融資産・為替・住宅の関係」号

⑨やや上級者向け 巨大国家中国の意外な実像と課題、今後の見通しを考える by Dataと小勝負 51

⑩⑪やや上級者向け AIJ投資顧問問題を考える(1)(2

12⑬⑭やや上級者向け 日本国債を考える(1)(2)(3)

今回は、以上になります。

【※】当ブログ記事は、AOIA 株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース