人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2013年5月7日(火) (超)一流日本株投信の簡単な見つけ方について その2

  • 投稿日:2013年5月7日

こんにちは、基本的には楽観的な、Dataと小勝負です。株式投資は基本的に、将来を楽観できる人に向いているという経験則があります。もしあなたが未来に対してそれほど楽観的でなければ、ぜひこのブログをじっくりと読んでください。

世界はあなたが考えている以上に、チャンスであふれかえっています。

今回も、「」内の発言は、本投信の最高投資責任者(CIO)の発言です。

「フジマキさんを始め、日本は駄目だと強調している人は多く、そう思っている人も多いのですが、そういう人は良いニュースが見えなくなっています。」

「でも実際には、最高益や売り上げ過去最高を達成した企業は、沢山あります。これからあなたも意識するようになりますので、新聞の記事などからそういったニュースをどんどん見つけられるようになります。意識が変わったからです」

「アメリカで以前、大規模で興味深い(暇な)実験があった、自分は運が良い人だと思う人と思わない人を集めてそれぞれのグループに分け、一連の実験をした。コイン投げの結果は全く同じ。透視能力は誰もなし。新聞記事を読ませて写真の枚数を数えさせたら、明らかに差が出た。自分は運が良いと思った人たちは記事の内容もきちんと読んでいて、大きな文字で書かれていた写真の枚数を確認し、みな正確な数を答えられた。それとは対照的に自分は運が悪いと思っていた人たちは、写真の数を数えることに精一杯で、結局正確な数さえ分かっていない人が多かった。この結果分かる事は、自分は運が良いと思っている人達は観察力が豊かで、新聞の中に豊富に紹介されている(投資の)チャンスを、きちんと見つけられる人たちだったという事です。」

「現在の日本は、成長力に乏しい古い大企業と、成長力がある企業に、かなり二極分化しています。同じ35歳でも、成長力に乏しい古い大企業だと、多くの方の役職は課長補佐か係長止まりです。その一方で成長力がある企業では、取締役で年収1,500万円の方もいます。」

「好成績な企業の経営者の年齢層は、20,30,70代が多く、40~60代の企業は平凡な業績のところが目立ちます。」

『アベノミクスはまやかしですが、結果的に円安株高傾向には、なりました。「本投信」のファンドマネジャーは6人いて全国を駆け回っていますが、だんだんと業績向上中の企業が増えて来ました。まだ給与が増えていないのに、小売業で業績が良いところが増えています。20代・30代向けのファッションの店などが、好調です。デフレ不況の長期化もあり、ぎりぎりまで消費を抑えて来ましたが、最近は以前より一品多く買う傾向が、飲食店も含めてはっきりして来ました。サイゼリアやユニクロ、王将などのデフレ関連銘柄の株価が、近頃は上昇傾向です。』

「文句を言っている人(企業)ほど駄目で、そういうところは好景気でも駄目。」

・・・・・アベノミクス自体が、のるかそるかの大勝負で、壮大な賭けです。しなければしないで、巨額の政府債務とデフレと不況と増税に苦しみ、じり貧になるだけです。

裏事情を知りつつも自分たちと日本の為に動いてみるのも、良い事だと思います。

2009年から2013年にかけて、「本投信」が株を持っていたメガネのJINの株価は、100円前後から5,000円近くまで、約50倍にまで急上昇した。(投機目的で売買される)仕手株でなくても、こういうものは割とあります。」

・・・・・ただし、今後もこのペースで上がる保証はありません。確かに良い企業ですが株価が上がり過ぎたとの見方も有力です。まともな金融のプロは、将来の約束はできないものです。

「あなたの心と懐(ふところ)に効く投資は、資産形成に役立つ良い投資です。」

「実は私は、株の買値はあまり意識していません。これから業績が伸びそうかどうかに注目しています。株価の上昇率はあまり大事ではありません。言い換えると、時価主義的な考え方です。」

「その一方で投資が下手な人は、買値より○%上昇したら利益確定などのルールを決めてあまり深く考えずに株を売ってしまい、中途半端な運用成績に終わりがちです。これは、買った時点の価格を前提に考える簿価主義的な考え方です。先述した富山県の○○印刷などは、長期間保有すればする程どんどん儲かるのに、持ちきれなくなってしまいます。」

・・・・・変な話、一流投信の売買動向を真似するのも、(株式)投資で初心者が失敗しない近道ではあります。「本投信」はホームページなどで、最近買った株式や保有中の主な株式を公開中です。多くの優良投信が同じ様な事をしてくれていますので、ご興味ある方はお調べください。その第一歩は、過去の運用成績の確認です。

弊社ホームページに書いていない、良い投資信託(投信)の見分け方や今後の日本と世界の株価、為替、金利、景気の見通しについて知りたい方は、こちらをどうぞ。

http://www.aoia.co.jp/academy_practice.html

今回は、以上になります。

次回は、良い意味でショッキングな情報をご紹介します。手堅い投資で成功して資産形成を本気でしたい人にとっては、必読です。

【※】当ブログ記事は、AOIA 株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、あくまでもAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース