人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2013年1月4日(金) 専門家に資産運用を任せる「ラップ口座」の課題と、より小口で手軽に時にはかなりの好成績が期待できる、シンプルな投信方法とは? その3

  • 投稿日:2013年1月4日

こんにちは、社長から「H投信を出し過ぎ」と言われてもつい書いてしまう、Dataと小勝負です。理由はいろいろあります。まずは、100%自力で発掘した愛着、紹介後に急激に人気と知名度が急上昇したタイミングの良さ、使いようによっては手軽で100%合法的で別にチャート分析などの専門知識がなくても比較的ローリスクで高めのリターンが狙える事、そして現在日本株ブームということです。それでは懲りずに行ってみましょう。

「読めば資産形成の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

2013年1月4日(金) by Dataと小勝負(AOIAコラムニスト)

まずはさくっと、「H投信」の基準価格(投信の時価)の推移をご紹介します。

これだけでも立派な数字で、私が紹介後に自主的に購入されたお客様も、結構います。

なお、弊社AOIAは残念ながら「H投信」の代理店ではありません。好成績で使い回しが効くので何かと書いていますが、ご興味ある方は直接、直販投信の「H投信」までお買い求めになるか、弊社有料会員向けのメルマガなどでH投信躍進の理由を確認後に、より本格的な「投資戦略」を実行される事を、お勧めします。

H投信は少なくても現在までは優秀な、「割安優良株発掘マシーン」です。

ファンドマネージャーが実に5,000人を超える経営者に会い、多数の優良な企業を知っているH投信の運用方法は、徹底した「日本株のアクティブ(積極)」運用です。長期保有を前提に優良企業の割安株の売買を繰り返しています。もちろん長期保有中に株価が下落する事もありますが、それでも信託報酬控除後の基準価格は、4年強で実に4割近くも上昇しました。これなら確かに買ってもよい水準でしょうが、話はそこでは終わりません。あなたにとっても幸運な事に、私は結構欲張りです。

実は、H投信が長期間保有していた銘柄の中に、わずか1年で時価総額が5倍、株価が4倍強に高騰したあの有名人気銘柄の「JIN(メガネ店経営 ジェイアイエヌと読む)」が、あったのです・・・・!♪

「H投信」は「JIN」の株を、底値圏だった2009年後半に1株100円強で買い、その後の一時的な急落時の2010年半ばには300円強で買いました。その後の株価の上昇はかなり有名です。以下は、野村証券ホームページの2012年12月30日時点のデータです。

http://quote.nomura.co.jp/nomura/cgi-bin/parser.pl?QCODE=3046&TEMPLATE=nomura_tp_kabu_01&MKTN=JQ

H投信は優良株を割安時におさえるのが上手く、概ねH投信が購入した後の銘柄は上昇傾向にあり、投資方法も多様で変化に強いという安心感もあります。もちろん最終的なご判断は自己責任とはなりますが、少なくても「H投信」がなぜこの銘柄をこの時期に買った(売った)のかを考えるのは、投資スキルを上げるには有効だと思います。ちなみに近頃H投信は、日本の某大手総合商社株を買っています。あくまでも私個人の憶測ですが、現在は中国の景気が底打ちし、鉄鉱石や石炭などの資源の国際的な生産量・輸送量・取引価格が明らかに回復傾向にあるため、おそらく今後の「資源株ブーム」の再来を見込んでの購入でしょう。

私の今年の主な目標には、第2第3のH投信の発掘と発表、H投信が購入した銘柄(H投信銘柄)で気になるものの追跡レポートの量産などが、あります。

御興味ある方は、弊社AOIAの有料会員になると、いずれ面白い特別なニュースを読めるかも知れません。有料会員向けのメルマガのバックナンバーの購読は、新規会員様は応相談とはなりますが、前向きに検討してくれる様です。

ちなみに昨年末に私が作成・発表したメルマガの主な見出しは以下の通りで、意外性が受けたのか、社内でも好評です。

1、バロンズ特選記事の要点のご紹介

「米株は来年も上昇か-トップストラテジストの2013年市場見通し」

2、現在絶好調のフィリピン経済

3、この1年で1番上がった意外な投信とは? ※実は、フィリピン株がらみです。

4、「ロイターアングル」特選記事の要点のご紹介

東南ア株の強気相場に陰り、ファンドからの資金流出加速」

・・・・つまり、今後はインデックス運用よりは、個別銘柄の売買で勝負するアクティブ(積極)運用の方が、能力次第では好成績が見込めるということです。

5、あの「H投信」銘柄だったJINの時価総額が、過去1年間で5倍に高騰しました。

来年の私の主な目標のひとつは、「第2・第3のH投信」の発掘と発表です。

6、『「海外不動産の新しい潮流!」ビジネス街・大手町で『ハワイ』を学ぶ』セミナー

出席レポート

ハワイの不動産や英会話に興味のある方は、こちらもどうぞ。

http://www.aoia.co.jp/naturalreading.html

今年新規で募集されるAOIA有料会員制度に御興味のある方は、こちらもどうぞ。

なかなか楽しくいろいろと勉強できるところですよ。

info@aoia.co.jp,

または

03-6273-3860 今月は7日から営業日なので、お返事できると思います。

今回は、以上になります。

近いうちに、弊社の大人気資産形成(運用)シュミレーションゲーム「フォーチュンマップ」体験記などを、ご紹介できると思います。

【※】当ブログ記事は、AOIA 株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、あくまでもAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース