人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

10月10日から10月16日にかけての、日経平均・為替 【週間予測】

  • 投稿日:2012年10月16日

こんにちは!

AOIA株式会社、講師スタッフの森 渉瑠です。

一見、経済とは関係のない話かもしれませんが、

イチローが今季途中から移籍したニューヨークヤンキースが

プレーオフで躍進を続けていますね!

イチローもヤンキースに移籍したとたんに打ち出す当たりは

凄いとしか言いようがないですね!

トレードの金額は、約1億円と言われていますが、

現在、アメリカ東海岸の様々な大企業のCM・広告にイチローが出演しているようです。

球団ベースで動いた金額は、余り大きくなかったですが(イチロークラスの選手の話でですよ(^^))、

アメリカ東海岸の沢山の企業の思惑も絡めると、イチローがアメリカ西海岸のシアトルから、

東海岸最大の都市、ニューヨークに移る、ということには、莫大なお金が動いているようです。

一見、経済とは関係ないことでも、大きな影響をおよぼしている可能性があるというのは興味深いですね!

アメリカの指標株価、ダウ平均は上昇していますが、イチロー効果がなきにしもあらず・・・かもしれませんね(^^)

それでは、今週も日経平均と為替の先を読んでいきましょう。

(経済と金融の先を読む力を養う、投資シミュレーションゲームセミナー Fortune Map 体験会のお申し込みは

こちらから!)

・先週から今週の日経平均のチャートはこちら

(出所)ヤフーファイナンス

【日経平均・為替 10月10日~10月16日 週間予測】

◆10月10日(水)の日経平均・為替の値段

【日経平均: 8,622.09 】

【米ドル/円: 78.25 】

【ユーロ/円: 100.74 】

◆【予測】一週間後 ⇒ 10月16日(火)の日経平均・為替の値段

【日経平均: 8590.5 】 ⇒ 31円59銭 下落

【米ドル/円: 77.9 】 ⇒ 35銭 米ドル安

【ユーロ/円: 99.8 】 ⇒ 94銭 ユーロ安

◆【実際】一週間後 ⇒ 10月16日(火)の日経平均・為替の値段

【日経平均: 8,658.82 】 ⇒ (予測との誤差) 68円32銭 【実際のベクトル:上昇】×

【米ドル/円: 78.81 】 ⇒ (予測との誤差) 91銭 【実際のベクトル:米ドル高】×

【ユーロ/円: 102.18 】 ⇒ (予測との誤差) 2円38銭 【実際のベクトル:ユーロ高】×

●10月10日~10月16日の主な経済イベント

① 10月12日(金) 21:30 【米国】 9月生産者物価指数

<前回> +1.7% <予想> +0.7% <結果> +1.1%

② 10月11日(木) 21:30 【米国】 10/6までの週の新規失業保険申請件数

<前回> 36.7(万件) <予想> 36.5(万件) <結果> 33.9(万件)

【10月10日~10月16日の予測シナリオ】

⇒欧州中央銀行(ECB)総裁、ドラギ総裁は、取り得る手段が尽きた訳ではないと述べましたが、これは、リスクが潜在している裏返しと私は見て、欧州にはまだまだ山と谷があると実感しました。

また、IMF(国際通貨基金)が10月9日に発表した世界経済見通し(WEO)で、中南米の成長率予測を下方修正したことを受けて、矢張り、新興国単独での成長はなく、先進国も含めた世界経済全体が複雑に関係しあっていることがみてとれます。

そして、アジアを見てみると、MSCIアジア太平洋指数が下落しており、その大きな要因として、中国での自動車売上の減少(主に日本車)が挙げられています。現在、日中の領土問題を反映したものと考えられ、政治の経済に与える重要性を感じます。

欧州・米国・日本の協調金融緩和が行われ一時的に株価や通貨の上昇の動きが見られましたが、やはり、未だ世界経済には悪材料が多く、下落傾向はしばらく続くでしょう。

従って、日経平均は下がり続け、為替も米ドル高・ユーロ高にはなりましたが、円の買戻しから、円高傾向が若干戻るでしょう。

●総括(予測と実際とのズレ)

⇒日経平均は、先週一週間の間では下落傾向にありましたが、本日急激に上昇をしました。その結果、ベクトルの予測は外れました。

スペインでのポジティブなニュース(財政状態を健全化させる宣言)や、引き続き影響を及ぼしている米国のQE3(金融量的緩和)によって、お金が欧州や米国に動いているようです。

その動きから、米ドル・ユーロともに上昇しています。

市場の反応というのは敏感ですが、今回のように時として長期的なスパンでの動きがみられる時があるので、時節に応じた予測が必要と感じました。

今回は、FRBの金融緩和に対する姿勢(とても力強い)を軽視していた為、予測も外れたのだと感じました。

(経済と金融の先を読む力を養う、投資シミュレーションゲームセミナー Fortune Map 体験会のお申し込みは

こちらから!埋め込みリンク)

【※】当ブログ記事は、AOIA 株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース