人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

米シェールオイルの最新事情と日本経済への影響

  • 投稿日:2014年9月8日

「シェール革命」に沸く米国で、遂にシェールオイルの輸出が始まった。米国はエネルギー安全保障上の理由から原油輸出を原則禁止して来たが、今年六月二十四日に、実に三十九年ぶりに解禁した。

コスモ石油が二〇一四年八月に米メキシコ湾でシェールオイルを船積みし、十月に三十万バレル相当が日本に輸入される予定だ。十月以降は日本の総合商社も乗り出し、毎月五十万バレル程度が日本向けに出荷される見通しで、以前よりも動きが前倒しになっている。

 

米国産シェールオイルの日本への輸出価格は、中東産の原油よりも一バレル当たり三ドルほど安く設定されるという。原油輸入の八割以上を中東に頼る日本にとっては調達源の多様化につながり、脱中東石油依存への道を開くことが期待されている。「シェール革命は天の恵み」(石油業界幹部)とばかりに、日本のエネルギー関係者は歓迎ムードだ。大産地や輸出地である米南部諸州は、発展が加速しそうだ。
しかし、日本の石油業界のぬか喜びとは裏腹に、ひそかにほくそ笑んでいるのは、ほかならぬ米国の石油企業だ。そもそも期待したほど安くはない様だ。

米国にとっての日本は「高値でも買ってくれるお得意様」

米国は原油生産量が二〇一三年には既に日量一千万バレルを超え、国際エネルギー機関(IEA)の予測では、一五年にサウジアラビアを抜いて米国が世界最大の石油生産国に躍進する。しかし米国は、石油消費量も日量二千万バレルと世界最大で、石油の純輸入国である事に変わりはない。シェールオイルは本来なら、輸出に回さずに米国内で消費されるべき物だ。

 

だが、シェールオイルは品質が良すぎるためかえって使い勝手が悪く、米国では手早く工業製品に加工できる工場が不足し、せっかく掘り出しても在庫がたまる一方だ。米国では安値でしか売りようのないシェールオイルの「高値の大口の売却先」として日本が利用されているのが、実態だ。表向きは資源エネルギー小国・日本への支援の顔をしながら、密かに「大儲け」を狙っているのだ。
シェールオイルは軽質・低硫黄のコンデンセート(粗製ガソリン)成分が多く、ガソリンやジェット燃料などの石油製品を生産しやすい。一方、米メキシコ湾に集中する石油精製設備は、ベネズエラなど中南米から輸入される重質原油を精製する設備として設計されており、シェールオイルの精製には不向きだ。
加えてシェールオイルは、ノースダコタ州など内陸部で生産され、メキシコ湾へ輸送するパイプラインの整備が不十分のため、コストが高い鉄道やトラックでの輸送に依存している。このため、シェールオイルの買い手は少なく、取引価格は品質が劣る北海ブレント原油と比較して一バレル当たり十~二十ドルも割安となり、米国内では買い叩かれている「安物の高級品」なのだ。

 

オバマ政権はこうした事情に配慮して輸出を解禁した。米国のシェールオイルの生産量は一七年に日量三百万バレルに達し、輸出余力は今後も拡大する。「一五年には日量百万バレル程度の輸出が可能だ」(経済産業省幹部)という。

 

日本では、石油精製や元売り会社に加え、総合商社もシェールオイル輸入に意欲を見せる。中東産の原油と比べ一バレル当たり三ドル程度安いのは魅力の様だ。将来的に日量百万バレルの輸入が可能になれば、日本の原油輸入量全体の三割近くにも達する。だが、そこには米石油企業のしたたかな戦略が透けて見える。

中東リスクでさらなる高値も

米国は、サウジをはじめとした中東諸国から日本よりも割安な価格で原油を購入してきた。サウジは、石油資源がほとんどない日本が上乗せ金を加算した高値でも必ず購入してくれることから、「ジャパン・プレミアム」と呼ばれる高値で、原油を売り続けている。
しかし、中東諸国と同じ重質原油の豊富なベネズエラなどを近隣に抱える世界最大の買い手である米国には、逆に特別な割引をしないと中東産原油は売れない。

 

米国は、サウジをはじめとした中東諸国から安価な原油を輸入し、米国の消費者は大きな恩恵を受ける。他方、米国内でだぶつくシェールオイルは日本に割高で売りつけ、米石油企業が巨額の利益で潤う構図を築こうとしているのだ。

 

日本の石油輸入額は二〇一三年に十四兆円超にも達したが、この調子では今後も日本の貿易収支は大赤字、経常収支も下手したら赤字。巨額の輸入品を購入するには、米ドルなどの外貨が必要なので、その為にはまずは円を売る必要がある。その分もちろん、円相場は下がり易い。

 

最近再びドル高円安傾向がはっきりしつつある一因は、実はこうした実際の産業やエネルギーの動向の影響を受けたものだ。投資は決して単なるマネーゲームではない。そもそも、現実の産業や経済、金融や政治などが分からないと、為替も株価もまともに予想できない。しかしもちろん、関心を持ってコツコツと学べば、数年後には意外といい線まで、分かる様になるのだ。実際私は、優良投信などをほぼ自力で発掘出来るようになり、購入中だ。

 

『最近のマーケット情報や、実用情報を知りたい方はこちらをクリック』
https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=3

 

今回は、以上になります。AOIAフェローのDataと小勝負からでした。

 

【※】当ブログ記事は、AOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース