人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2012年8月5日(日)  私がAOIA入社後に経験した主な挑戦と変化とは?後半

  • 投稿日:2012年8月5日

「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

201285日(日) by Dataと小勝負(AOIAアナリスト)

更なる成長を求めて自ら挑んだ難題、それは「日本国債」でした。

これほど大物のテーマは、滅多にありません。日本の政治、経済、税制、財政、国内金利を含めた金融情勢、為替相場、ゆうちょ銀行の財務状況、日銀の金融政策、近い将来に予想される消費税増税と解散総選挙の可能性までが複雑に絡む、実に壮大なテーマです。

海外投資関係の業者は、レベルに関わらず、まずこのテーマには触れます。このテーマを攻略せずに、一人前にはなれません。当時の私のレベルから判断すると時期的にまだ少し早過ぎましたが、2012年初め時点で日本の財政難や消費税増税の可能性をにおわせる報道が急増し、書かない訳にもいかない状況になりつつありました。

執筆の準備作業は案の定、苦労の連続でした。いくら調べても終わりがなく、締め切りは刻々と迫り、相当正確な内容でないと、会社の信用にも関わります。正直、逃げたい気持ちになる事もありましたが、「少しでも多くの人にこの国の現実を知ってもらい、今後の人生に活かしてほしい」との思いで、書き続けました。

もう一つ、当時のがむしゃらな執筆活動を支えてくれたものは意外にも、昨年のNHKの超豪華ドラマ「坂の上の雲」の「奉天大会戦」のシーンでした。「これに勝たないと成長は出来ない」という点では、確かに奇妙なほど状況は似ていました。当時の私の気分は、どこか逃げ場のあるイメージの「仕事人間」どころか、勝つまで戦い続ける事が運命付けられている「軍人」でした。意外と私の中身は、「昭和の男」なのかも知れません。

今から思えば、代表にとってもこれは、「賭け」だったと思います。

この「賭け」は一応成功に終わり、その成果は一連の「日本国債シリーズ」として、発表されました。特に何がすごいという訳ではありませんが、多くの内容が、一流の新聞や雑誌などで報道されているものと、矛盾点がありません。AOIA代表の中田裕氏も、「現状分析レベルではほぼ正しい」と認めてくれています。

その後は、今までの最高傑作と代表も認めたコラム「巨大国家中国の意外な実像と課題、今後の見通しを考える by Dataと小勝負 51」を発表しました。

私は学生時代から中国には強い関心があり、その後も中国関係の情報には関心を持ち続けていましたが、最近になってにわかに新情報が急増し、それらを踏まえた斬新で説得力があるものが出来たと、今でも思っています。

内容は新鮮かつ多様です。今後予想される中国の急激な少子高齢化・労働力不足・年金危機、近年急減傾向の貿易黒字・経常黒字と人民元高圧力の低下、隠された巨額の不良債権問題、四川省重慶市で行われた薄煕来(ボーシーライ)重慶市党委書記事件、世界的に増加傾向の「無人工場」が将来の中国経済に与え得る影響、今後は急低下が予想される経済成長率などです。まだあまりまとまって報道されていない話題も多いので、お勧めです。

社内で本当の意味で私の評価が固まり出したのは、この頃からだと思います。

現在の私は、自分が好きなセミナーに社費で出席し、メルマガ化を前提としたセミナーレポートを書けば、大体ノーカットでそのレポートはメルマガ化されています。

例えば、弊社AOIAのホームページ下部に「AOIA通信VOL47」がありますが、

そこで紹介されている『日経CNBCプレミアムセミナー「金投資か、株式投資か~その勘所教えます!~」』も、私が作成したものです。

私の成長を加速させてくれるものは何か?

近頃の私は、自分の成長を促し、仕事のレベルを上げるために、多様な媒体から採り入れた「イメージ」を、常に意識しています。

厳しい仕事に挑む時は、NHKのドラマ「坂の上の雲」の「奉天大会戦」のシーンを、仕事を通じた人間的成長を意識する際は、既に映画化までされた大人気漫画の「宇宙兄弟」を、外国の経済や社会の光と影をテーマにしたコンテンツの作成時は、「島耕作シリーズ」を、臨場感あるセミナーレポートの作成時は人気経済番組の「カンブリア宮殿」を、相当意識しています。

「宇宙兄弟」はAOIAスタッフの間でも人気の様で、職場での良好な人間関係を作る際のヒントになります。

最近の私がもうひとつ強く意識している事は、「人は言葉を作り、言葉は人を作る」という

当たり前で大切な事実です。なぜなら、「人は自分を信じている時に成長し、脳は自由な時にその潜在能力を充分に解き放つ」からです。こうした「生きる知恵」は、やや意外ですが新聞や雑誌の書評欄などに、手短かかつ豊富に紹介されています。

私はこうしたいろいろなものに支えられながら、今日も意欲的に働いていますが、あなたはどの様にお過ごしでしょうか?今後のご参考になれば、幸いです。

今回は、以上になります。

次回以降も、意欲作が続々と発表されますので、お楽しみに。

【※】当ブログ記事は、AOIA 株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース