人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

2012年8月4日(土) 私がAOIA入社後に経験した主な挑戦と変化とは?前半

  • 投稿日:2012年8月4日

「読めば明日の力になる 個人投資家の世界の経済・金融研究日記」

2012年8月4日(土) by Dataと小勝負(AOIAアナリスト)

こんにちは。Dataと小勝負です。私がAOIAのメルマガや各種セミナーレポート、そしてこのブログなどの、AOIAの各種コンテンツを量産するようになってから、日を重ねています。その割には積極的に素顔を見せていなかったため、AOIAの状況をつかみかねている方も、いらっしゃると思います。

その主な原因は、私が単に多忙でそこまで手が回らなかった為ですが、新ホームページが正式に発表された事もあり、「私自身の本格的な自己紹介もそろそろ必要だな」と自分で判断し、このブログを作成する事にしました。

その結果、今回と次回のブログのテーマと内容は、他とは相当異なるものになります。

AOIA会員の方にも謎が多かった私が、AOIA入社後に経験した主な挑戦と変化を中心に、相当踏み込んだ自己紹介をさせていただきます。AOIAのスタッフにさえ初耳の情報が含まれていると思いますし、私がどの様な方法で独自の急成長を図っているかなどのお話も、ご紹介できそうです。

まずは、私のプロフィールの要点です。

東京都調布市在住の40歳の男性で、大学時代は国際経済の学習などを活発に行いました。趣味はこの仕事と愛犬の世話と風景写真の撮影などで、投資も多少は行っています。AOIA入社目的のひとつは、「その気になったらいずれ投資で食べていける人間になる事」です。肩書はAOIA株式会社のアナリストで、購読紙は日本経済新聞です。

他にも仕事柄、情報誌「選択」やブルームバーグ、ロイター、JBプレス、ダイヤモンドオンラインなどの多様な記事を比較・検討しています。通説にこだわらずにデータ重視で金融や投資などを考える方針で、割と自由なテーマで意欲作を毎月発表中です。

現在は社費で好きなセミナーに出席したり、主に自宅でマイペースに働いたりと、ハードではありますが割と自由で楽しい仕事を続けています。弊社AOIA代表の中田裕氏からは、「もっと自己主張をしてもいいぞ。僕とは違う持論を述べても構わないぞ。金太郎飴でもつまらないしな。」との、一定の評価を頂いております。

・・・・ただし、現在の立場と評価は、入社後すぐに確立された訳では決してなく、むしろここに至るまでは、挑戦と変化の日々でしたので、あなたの今後の人生のご参考にもなるかも知れません。これからご紹介する事は、すべて実話です。

在宅の翻訳スタッフ時代

父の友人がAOIA代表の中田裕氏だった事もあり、在宅でコツコツ真面目に出来る仕事を探していた私に、「試しに翻訳の試験を受けてみないか?」との話が舞い込み無事合格し、出来高制の翻訳のアルバイトを始めました。一見恵まれたコネ採用に見えますが、投資・経済・金融関係の英文資料の翻訳だけあって、英語力と専門知識の両方が一定レベルで問われる、時には意外とハードな仕事です。翻訳スタッフをAOIA代表の中田裕氏が探したものの、なかなか適切な予算では見つからなかったというのも、分かる様な気がします。

私にとっては精神的、体力的な負担も馬鹿にならず、仕事量も不安定でやや焦り出した時に、中田裕氏から「コラムを書いてみないか?」との提案がありました。

責任の重さから一度は躊躇したコラムは、私には成長の起爆剤となりました。

結局引き受けた主な理由は、収入の安定化と能力開発の為でした。

AOIAは生まれてから日が浅い、育ち盛りのベンチャー企業です。業務内容は時には急激に変わる可能性があり、私も含めたスタッフには変化対応力やリスク管理力、旺盛な好奇心やそれなりに強い愛社精神などは、常に求められています。

あまり知られていませんが、現在の日本では、ベンチャー企業は新規雇用の「準主役」です。私の経験は、学生の方や転職希望の方にも、ご参考になるかと思います。

・・・・コラム挑戦後に待っていたのは、「ボツ原稿」の山でした・・・・。

それでも私の未来は翻訳よりはコラムにあると信じ、書き続けました。最初にメルマガ掲載の許可が出たのは、ブラジルレアル建てディスカウント債に関するものでした。

その後は、トルコ経済とトルコリラ、人民元預金、米国経済と世界の主要通貨・為替、純金積み立てなどをテーマに、手堅いテーマとレベルのコラムを量産し、次第に評価される様になりました。現在も作成中のコラムの基礎資料は、すでに巨大です。

今回は、以上になります。

次回の主なテーマは、更に興味深いものになります。「更なる成長を求めて自ら挑んだ難題」と「私の成長を加速させてくれるものは何か?」です。

【※】当ブログ記事は、AOIA 株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース