人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

数字で確認 英語力と年収・求人の関係

  • 投稿日:2015年4月29日

 社会人であればTOEIC800点以上が出世の条件、就活生であればTOEICスコアは700点以上が就職に有利、などと言われる今日、ビジネスの現場で英語が必要であることは疑いの余地がない。

 

 「英語ができれば就職も転職も有利。ひょっとしたら給料も上がるかも」と思う人は多いかもしれない。実際、それを裏付けるデータがここにある。

 2つほど紹介しよう。1つは、転職サービス「DODA(デューダ)」が2013年7月に発表した「グローバル採用の実態調査2013」。これによると、英語力を求める求人割合は2007年以降急速に高まり、2013年には初級レベルで55.6%、上級レベルでも26.9%に達している。

 英語力を求める求人割合の推移

 もう1つは、外資系転職求人サイトを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティングの「語学力と年収に関する調査(2014年版)」。2014年3~5月の間に自社採用求人情報をDaijob.comに掲載している企業からスカウトを受けた日本人求職者の英語レベル別年収を比較したところ、英語力によって男女ともに40代以降の年収の差が広がっており、特に女性はその違いが極端なほどだ。50代では年収格差は2倍を超える。旅行や趣味も結構だが、特に女性はやや過剰なほど英語に関心を持っても、それほど後で困らないだろう。

英語力と年収の関係

 

英語ができれば、いろんな可能性が拓ける。「たかが英語」とは言えない時代になっていることがわかるだろう。

 

もちろん、グローバル資産形成学院にも、英語関係のコースはある。英語と経済と投資をまとめて学べる個性的な内容だ。次回の無料イベントは、こちらです。
日時:2015年05月14日(木)19:00 〜 20:30 /場所:東京都港区虎ノ門
経済英語スクール無料クラスイントロ 【無料イントロクラス】
■TOEIC400点から900点をとったその方法とは!?
経済を英語で勉強すると・・・
■コースの説明
ご希望の方は、有料のクラスを1コマ無料でご受講いただけます。
詳しくは、こちらをどうぞ。
http://www.aoia.co.jp/economic-english-school_free-class_intro_20150514.html

 

『最近のマーケット情報や実用情報を無料で知りたい方はこちらをクリック』 https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=3&_ga=1.28334652.1273857201.1394110146

 

今回は、以上になります。グローバル資産形成学院フェローのDataと小勝負からでした。

========================================

】当ブログ記事は、グローバル資産形成学院のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、飽く迄もAOIA株式会社のスタッフが個人的予測に基づき作成した資料であり、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料中に記載している内容、数値、図表、意見等は資料作成時点のものであり、今後予告なく変更することがあります。当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。当資料をもとにお客様が金融商品取引行為を行われた場合、金利、通貨の価値、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として生じる利益あるいは損失は、すべてお客様に帰属します。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース