人生を豊かにする経済とお金の学校 グローバル資産形成学院

マイホームとお金と投資の関係とは?

  • 投稿日:2014年9月19日

今回は、身近で大切な割には意外と本質が見えにくい、「マイホームとお金と投資の関係」について、ご一緒に考えてみましょう。

まずは、資産と負債の違いについて、ご一緒に確認してみましょう。

「資産とは私のお金を増やしてくれるもの」で、「負債は私のお金を減らしていくもの」です。

多くの人にとって素敵なマイホームを手に入れることは一生の夢だということは、私にもよく分かります。特に日本人は、これだけ住宅が有り余っていても、新築住宅が大好きです。でもそれが、本当にあなたの資産なのかを冷静に考える必要があります。ローンを返済中は、それは銀行の資産であってあなたの資産ではありません。また、無事にローンを払い終わっても、住宅ローン支払額と査定額(または売却額)の差額が、ご近所の貸家の家賃総額を大幅に超えているようなら、結局は赤字で、資産というよりはむしろ負債に近いものになります。

以下のお話も、自宅保有者にとっては、事実です。
住宅ローン返済のいくらかを所得税から控除する(引く)ことができたとしても、その他の費用は所得税を支払った後のご自分の収入から支払わなければなりません。
また、持ち家を持つと、通勤・通学可能な場所が限られ、人生の選択肢が狭まる可能性があります。私の場合、東京の山手線の東側への移動(品川、新橋など)は、意外と時間がかかります。
固定資産税などの税金も、ばかになりません。

塗装工事を含めたリフォーム工事は意外と業者のレベルがピンキリで、全体の出費もばかになりません。

マンションの場合、戸建て住宅には無い独自の維持コストを、住んでいる限りは払い続ける必要があります。

やや意外ですが、場所によってはマンションよりも戸建て住宅の方が、安く済みます。

例えば首都圏なら、千葉県と埼玉県です。

多くの人にとって、新築マンションは既に、高嶺の花です。例えば東京の市部や神奈川県北東部では多くの場所では、急行が停まる主要駅から徒歩圏のファミリータイプのマンションは、5000~6000万円前後が最近の相場です。しかし東京都でも町田駅周辺部や多摩センター周辺部なら3000万円台半ば位からあり、千葉県や埼玉県の新築戸建て住宅なら、更に安く済むケースがあります。なお、本当は「割安価格」や「お買い得」と書きたいところではありますが、その判断基準が意外と人それぞれという事もあり、あえて同じ面積で見て「高い」か「安い」かで、今回は判断しています。

いずれにしても、場所やマンションか戸建てか、新築か中古かで、ご家族で住める住宅のコストは、軽く数倍は違います。

言い換えれば、どこに住むかで住まいにかかるコストは激変し、その結果、日常の買い物や教育、医療、旅行や預貯金、投資などに回せる金額も、大きく左右されます。

こう考えると、住宅購入が人生にとっていかに大きくて重要なイベントかが、お分かりになるかと思います。
もちろん、マイホームの価値が上がり続けるとは限りません。「いざというときは売れる」と思って買ったものの、買った価格よりずっと安い値段でしか売れないと悩んでいる人は大勢います。首都圏でも郊外では、築数十年の売れ残り物件がごろごろある地区も、実は少なからずある様です。

最大の損失は、マイホームに生活費以外のすべての資金を注ぎ込んでしまったら、それ以外に回せる資金がなくなることです。家にかかる支出が増え続ける一方で、資産は何も残りません。私はマイホームを買うなと言っているのではありません。ただ、買い手にとって「マイホームは資産ではなく負債かもしれず、あなたの一生の資金繰りを少なからず左右する」とい事実を、理解して欲しいのです。

こう考えると、投資は実は、それほど特殊な世界ではない事も、明らかになって来ます。

日本人の多くが不動産を好む理由の多くは、高度経済成長期や20世紀末の不動産バブル時代などに、それで資産の増加に成功した人が多かったからです。では近年の日本の不動産の値動きは、どうだったでしょうか?都心部などの一握りの恵まれた場所以外は、実は年率5%ほど価格が上がれば儲け物、下手したら何年でも価値は減る一方で、そう簡単に買い換える訳にもいかなかったのです。

その一方で投資の世界は、ほぼ毎年のように年率数十%の利回りが狙えた旬の投資先が、意外なほど豊富にありました。例えばそれは、金、J-REIT、日本株、米国株、パラジウムなどでした。

SBI証券のマーケットコーナーのグラフなどを調べると分かりますが、流れに乗れれば「5年で資産倍増」は、可能だったのです。

そしてAOIAでは、私が毎週会員様向けに執筆しているメルマガやニュースレターなども含めて、その時々有望な金融商品の種類や、マーケットの最新事情などを、学べます。結果論かもしれませんが、紹介後に価格が上昇した優良投信くらいなら結構ありますし、私自身が買っている日本株も、株価は上昇傾向です。こうしたものを簡単に見付けやすい方法も、実は紹介済みです。
いま、あなたがお金をいくら持っているかは問題ではありません。いま、あなたが何をするかが問題です。それが豊かで楽しいあなたの将来を創るからです。お金について楽しく学びましょう。国際情勢や国内の政治の報道も含めたニュースの本当の意味まで分かります。実は十万前後もあれば始められる投資は、意外とあります。

『最近のマーケット情報や、実用情報を知りたい方はこちらをクリック』
https://argo-navi.net/mielca_aoia/PublicMailMagazineEntry.aspx?no=3

今回は、以上になります。AOIAフェローのDataと小勝負からでした。


  • グローバル資産形成学院WEBキャンパス開校 ネットで学べるオンライン講座
  • WEBキャンパスで開催中の講座はこちら
  • WEBキャンパス会員登録はこちら
  • 資産形成力要請コース